百姓という生き方

投稿者:在校生

校舎:東京校

こんにちは!
専門科2Bの箕輪です。

夏も終わり、日が暮れるのも早くなりました。もう秋ですね。過ごしやすくて大好きな季節です。と、秋の話を始めようと思ったのですが
夏に行った旅行のことについて書こうと思います(笑)
私が行ったのは山口県長門市油谷向津具下。
ここ!!!

町田ひろ子アカデミー 東京校

赤矢印の場所。
山口県の端っこの端っこ。
皆さまご想像の通り、山と海に囲まれた自然豊かな場所です。
ここで働く知人を訪ねてきました。
彼が働くのは【百姓庵】という場所。

町田ひろ子アカデミー 東京校

ここで働く人たちの共通の理念は、その名の通り「百姓、百の姓をもつことを目指している」集団。「必要なものは自分たちの手でつくる」この考えをもとに、なんでも愉しみ、それを「糧」として生活しています。

仕事は暮らし。暮らしは遊び。遊びは仕事。
「仕事=暮らし=遊び」となるように、ビジネスの分野と自給自足の分野の両立を目指しています。(参考・参照:百姓庵HP)

生きるために働くことを、楽しみにかえて暮らしている、そんな方たちです。
彼らのメインの仕事は、油谷の綺麗なミネラルたっぷりの海水から塩を作ること。

町田ひろ子アカデミー 東京校

(油谷の海です!海外みたいな綺麗な海!)

海水をポンプで汲み上げ、立体式塩田で濃度を濃くし、4日間の釜炊きによってやっと完成する塩。
今まで食べてきた塩と、まったく違いました。

とにかく濃い!
うまみが凝縮されている感じ。
生野菜につけても、揚げ物につけても、料理に使っても、なんでもいけます。

町田ひろ子アカデミー 東京校

塩を使ったピザをいただきました。
このピザも窯焼き!

生地にしっかりと味が付いていて、生地だけでもおいしい!
ピザにのっているトマトなどの野菜も百姓庵で作られたもの。
身体にいいものだけでできています。

釜炊きに使うのは家を取り壊す時に出た廃材など。
捨てられるものを利用して、新しく生産する。

そんなサイクルの中、作られています。

町田ひろ子アカデミー 東京校

重い廃材を、熱い釜にいれるのは一苦労です。塩に関連して他にも、野菜の栽培、ピザ屋、塩ソフトクリームの販売など、さまざまなことをしています。
また、ピザを振る舞う店内も、ボロボロだった古民家を彼ら自身の手でリノベーションしたもの。

町田ひろ子アカデミー 東京校

町田ひろ子アカデミー 東京校

町田ひろ子アカデミー 東京校

土間がかっこいいおしゃれな店内になっています。
ここに来て思ったこと。
①やはり自然はいいですね。
普段都会の排気ガスまみれの空気を吸っているので、綺麗な空気が吸えてリフレッシュできました。

それと、
②働き方が楽しそうだし、なんと言ってもかっこいい
好きなことをやって暮らしていくなんて難しい現代。
でも「仕事=暮らし=遊び」と捉えるだけで、何事も楽しそうに思えませんか?
普段働く自分の姿と照らし合わせて、色々考えられるいい機会となりました。

最後に。

彼らのつくる【百姓の塩】は今年6月に行われた「何でもランキング おにぎりが引き立つ塩10選」4000種類中、見事2位にランクインしました。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32055640R20C18A6W03000?channel=DF290120183394 

それでは、また!

IC専門科2Bクラス  箕輪澪

ガーデニングプラナー科 初のプレゼンテーション

 町田ひろ子アカデミー事務局です。 

昨日はガーデニングプランナー科による、初めてのプレゼンテーションの授業でした。
今回のプレゼンテーションのテーマは、ショップフロントの改装計画でした。
生徒が各自で改装したい店舗(ヘアサロン・喫茶店・和菓子屋など)を探してきて、その店のショップフロントの改装案を発表するのです。
もちろんガーデン科なので、ガーデンをメインに取り入れた提案をします。 

課題に取組む期間は約1ヶ月。ガーデン科の生徒さんにとっては最初の大きな課題でした。
プレゼンテーションの時間は7分。

プレゼンの後には、講師による講評があります。
次回に向けてしっかりフィードバックします。

GP01

全4か月を振り返って

はじめまして。

全日制クラスに入学したものです。
私は以前、まったく今とは違う業界で働いていてインテリアに興味がありこの学校に入学しました。入学を決断するまでは、悩みましたが今はとても毎日が楽しく充実した毎日です。
学校に入学して4カ月がたち、日々忙しく授業についていくのが精一杯な時もありますが、周りの友人たちに支えられながら多くの課題を消化していく毎日です。それでも、入学したころに比べるとスキルと知識が身についてることを実感しています。
では、入学して初めて10日間の長期休暇があったので少しだけ旅行で訪れた群馬について紹介させてください。
いくつか訪問しましたが、特に記憶に残ってるのは4年ほど前に世界遺産に登録された富岡製糸場です。
富岡製糸場は、横須賀製鉄所で勤務していたオギューストバスティアンが考えた建築物で日本と西洋の技術を組み合わせた建物になっており、特に記憶に残った煉瓦壁は、フランス積みで積まれていますが目地にはモルタルの変わりに漆喰を使うなどし原料の石灰は、群馬県の下仁田町で調達しています。

町田ひろ子 インテリアコーディネーターアカデミー 東京校

町田ひろ子アカデミー インテリアコーディネーター 東京校

以前であれば、ただ旅行に行き楽しんでいた自分が構造についてふと考えたときに物を見る目線が変わったことに旅行中に気づき改めて4月から自分が日々成長できていることを実感しました。
最後にもし、将来について迷っている方がいれば後悔しないよう決断してください。
この学校にいってやりたいことや少しでも自分が変わりたいと思うならば、ぜひ一度学校にきて肌で感じてみてください。

 インテリアコーディネーター全日制 在校生

ようこそ町田ひろ子アカデミーへ!「インテリアセミナー&サマーパーティ」開催報告

こんにちは!町田ひろ子アカデミー福岡校スタッフです。

今回は福岡校から、8月11日に開催したイベントの模様をご紹介します。
猛暑の中、37名の方に参加して頂きました!インテリア専門科の在校生・卒業生・福岡校講師・そしてホームページから参加して頂いたお客様です。

町田ひろ子 インテリア コーディネーター 福岡校

トーヨーキッチン&リビングのショールームを見学

こんにちは!町田ひろ子インテリアアカデミー東京校スタッフです。

町田ひろ子インテリアアカデミーでは、インテリアコーディネーターに必要な要素として「たくさんの商品を見て、最新の情報を知り、実物を体感する」ことを「LOOK!LOOK!」という学びのキーワードにしています。

東京校のある表参道では、まさにインテリアの「LOOK!LOOK!ポイント」多数のエリア。
今回は、アカデミーのご近所にある、トーヨーキッチン&リビングのショールームを見学させて頂きました。