僕が町田ひろ子アカデミーに入学した理由

こんにちは!東京校インテリアコーディネーター専門科の櫻井です。

生まれて初めてブログを書くので少し緊張してます。笑
拙い文章ではありますが、どうか温かい目で見てやってください。

今回は、僕が町田ひろ子インテリアアカデミーに入学するにあたってのお話しをしたいと思います。僕が町田ひろ子インテリアアカデミーに入学するにはとても大きな決断が必要でした。

tokyo_blog_20170210_2

僕は今まで自分の意志のない生活を過ごしてきました。

仲の良い友達と同じ高校に進学し、安定した会社に入社し、与えられた仕事を淡々とこなし、やりたい事も見つからず、周りの意見に左右され、あっという間に季節は過ぎていき、なんとも実のない過ごし方をしてきました。

そんな中、様子が変わってきたのは25歳の冬でした。

いつもの居酒屋さんでいつもの友達と飲みながら、いつも通り仕事の話をしていました。

すると友達が

「俺、今の会社辞めようと思う。 」
「今の仕事つまんないし、上司とも上手くいかないし。」

と言いだしました。なんてことない、いつもの愚痴です。

ですがこの日、なぜか僕はこの友達の言葉が凄く心に引っ掛かっていました。帰り道にひとり、とぼとぼ歩きながら考えていました。

「好きなことを仕事にしたい。やりがいのある仕事がしたい。」

今まで漠然と考えていました。俺は今の仕事どうなのかなぁ。なんとなく続けているけど、この先ずっとこの会社にいるのかなぁ。俺の好きなことってなんだろう。時間を忘れてしまうほど楽しいことって何かあるかな。考えがまとまらないまま家に到着し、ソファに腰掛けた瞬間、1冊の雑誌が目に飛び込んできました。何気ないインテリアの雑誌です。ですがこの時、間違いなく後光がさしていました。笑

「これだ!」

今まで悩んでいたことが一気に吹き飛び、気持ちも身体も前のめりになってワクワクしていました。

・そういえばインテリアのことを考えるのが好きだな
・友達の部屋をコーディネートした時の「ありがとう」が凄く嬉しかったなぁ

ここでまた悩みがでてきます。

インテリアは好きだけど趣味でやってるだけだし、そもそも、インテリアの仕事って実際なんだ?やりたい事は見つかったけど、今からなにも知らない職種に転職って不安だな。今の仕事は特別好きじゃないし、やりがいもまぁまぁ。でも給料はいいし、福利厚生もしっかりしてるしなぁ。安定した今の仕事を続けるか、やりたい事を仕事にするか、悩みました。

悩み過ぎて1年モヤモヤしていました。結論、やりたい事をやってみる事にしました。

今行動しないと後悔すると思いました。 今後どうなるかなんて分からないし、頑張れる環境が、チャンスがあるならやってみようと思いました。

今思い返すと、正直、悩んでなどいなかったのかなと思います。 僕は今まで人の意見に左右され、大きな決断をしてこなかったので、ただただ、決断を先延ばしにしていただけだったのです。

やると決まれば行動です。

どうせやるんだったらちゃんと勉強してから再スタートしたいと思い、「インテリア 就職 学校」で検索しました。 そこで初めて町田ひろ子インテリアアカデミーと出会いました。

・ゼロからのスタートでも大丈夫
・働きながらでも学べる
・実践に沿ったカリキュラム
・就職に強い

ここしかないと思いました。

実際に見学したりプレ授業に参加したりして、他の学校と比較しても、これだけ環境の整っている学校はないかなと思います。

これまでが僕が町田ひろ子インテリアアカデミーに入学するまでの経緯です。ここからは入学してからの事を少しだけ。僕が入学してから思うことは

「やっていて楽しい」

これに尽きます。 学ばないといけない知識も多く、課題の量も多いです。 学校に仕事にプライベートにと、正直、今の僕にはキャパオーバーです。 とにかく時間が足りなくて、やりくりしていくのが大変ですが、不思議と気持ちはあまりしんどいとはなりません。しんどい時は、時間がないと思いながらもふて寝します。笑

こんな僕ですが、学校にも慣れ始めなんとかやっています。 今までの人生で1番忙しくて、でも1番充実していると言っても過言ではありません。 これは講師の先生方、クラスメイトのみなさん、事務局の方々のサポートあってだと思います。

ありがとうございます。

そろそろ終わりたいと思います。クラスメイトのみなさん、1年次修了まであと少しです。 まだまだやる事はたくさんありますが、お互いサポートし合って気合いで頑張りましょう。

入学を検討されている方、1度見学に来てみませんか。 講師の先生方、在校生、事務局の方々、みなさん前しか見ていません。 こんな環境なかなかないと思います。1度体感してみてください。

インテリアコーディネーター専門科 1F 櫻井

tokyo_blog_20170210_1