街の緑化・ガーデニングのボランティア活動

ガーデン ボランティア

町田ひろ子アカデミーでは、ガーデニングプランナー科修了生を中心に、渋谷・青山・赤坂周辺や日本橋、お台場でガーデニングのボランティア活動を行っています。花壇のデザインを考えたり、植栽をしたり、一年中活動しています。

これからの緑化ボランティア活動: 
緑化のお手伝いをして下さる方、下記日程で行っています。

日にち活動予定時間場所 
 2018年5月12日(土)10:00~12:00外苑前
渋谷2丁目
終了
  25日(土)10:00~12:00渋谷・青山終了
 6月9日(土)10:00~12:00渋谷・宮益坂終了
  23日(土)10:00~12:00外苑前終了
 7月7日(土)10:00~12:00渋谷・宮益坂終了
  21日(土)10:00~12:00未定 
 8月18日(土)10:00~12:00未定 
  25日(土)10:00~17:00お台場イベント 
  26日(日)10:00~17:00お台場イベント 

1. 渋谷・宮益坂交差点

渋谷町会のご希望により、宮益坂上交差点内交通島に縁石を利用して10m以上に及ぶ連続模様の完成度の高い花壇。交差点内という特殊な場所でシンボリックな存在になりました。春のゼラニューム・カリオペのシンクが圧巻です。『GARLAND(ガーランド)』と名付けた円の曲線を生かした連続模様のデザインです。

ガーデニング 宮益坂 ボランティアガーデニング 宮益坂 ボランティアガーデニング 宮益坂 ボランティア

 2. 日本橋・高島屋正面中央通り

町田ひろ子アカデミー(NPO法人渋谷・青山景観整備機構緑化担当)が日本橋のNPO法人はな街道と協力し、東京国道事務所『日本風景街道プロジェクト』で作った花壇。日本橋高島屋正面中央通り沿道2か所で展開しています。家並みをイメージしたデザインです。

ガーデニング 日本橋 ボランティアガーデニング 日本橋 ボランティアガーデニング 日本橋 ボランティア

3. 台場・おもてなし花壇

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、海外からのお客様に日本の花と緑の文化に触れてもらう機会を作ろうと、2014年から始まった「花と緑のおもてなしプロジェクト」。競技会場が多く展開する東京・お台場で真夏に満開するサマーガーデンを展開しています。町田ひろ子アカデミーはこのプロジェクトに3回目の参加です。
2017年の花壇のテーマは「。町田ひろ子校長デザインのもと、花苗のトップメーカー「シンジェンタ・ジャパン」をはじめ、淡路瓦を製造する「野水瓦産業」、ガーデンデザイナー「庭工房 フォレストガーデン」にご協力いただき、素敵なおもてなし花壇を制作しました。
竹で作られた四つ目垣と、銀鼠色のあわじ瓦という日本の伝統的な素材を、深紅の日日草で、真夏の日差しにも映える和洋折衷の花壇です。自由に見学できます。

ガーデニング おもてなし花壇 ボランティアガーデニング おもてなし花壇 ボランティアガーデニング 日本橋 ボランティア

4. 南青山・GAGA前

町田ひろ子アカデミー・瓦花壇の第一号です。当初はのし瓦でソリッドな柄を創り、重厚さが強調されたデザインが話題になりました。そして、東京オリンピック招致が決定され、青山通りから日本のおもてなしを発信したいというアカデミー卒業生の熱い想いから、2016年にリニューアルされた五輪をイメージしたデザインです。

ガーデニング 南青山 瓦花壇ガーデニング 南青山 瓦花壇ガーデニング 南青山 瓦花壇

5. 赤坂・高橋是清翁記念公園内

町田ひろ子アカデミーが港区赤坂地区公園管理指定業者にデザイン協力してできた花壇。高橋是清翁記念公園内の一角、国道246側(青山通り)に東京2020・五輪をイメージしたデザインです。

ガーデニング 高橋是清 瓦花壇ガーデニング 高橋是清 瓦花壇

『あわじ瓦のおもてなし花壇』誕生の背景

日本の伝統的な屋根材「瓦」。耐久性、断熱性、調湿性に優れた天然素材です。災害が続き、瓦から軽い屋根材に代わりつつあります。使われなくなった瓦を将来にも継承していきたいという想いから、「あわじ瓦」を使った花壇を作りはじめました。

表参道 ガーデン日本橋 ガーデン
国道246号線(青山通り)「宮益坂交差点」日本橋高島屋前
瓦花壇瓦花壇
あわじ瓦花壇制作の様子