【福岡校在校生】町田ひろ子アカデミーとの出会い

こんにちは。町田ひろ子アカデミー福岡校専門科研究課程2年の北村です。

私は、昨年公務員を定年退職してから、本学に入学させて頂きました。
あこがれの、町田ひろ子アカデミーの生徒でいることが、今でも信じられないくらいです。

町田ひろ子アカデミー 福岡校 ブログ1982年春号「ふたりの部屋」掲載(生徒募集広告)

私が、町田ひろ子アカデミーを知ったのは、もう40年近く前のことです。

「ふたりの部屋」という雑誌に(現在も発売されている「プラスワン リビング」の前身)度々、町田校長の記事が掲載されていました。

当時の私は、インテリアという言葉の意味は、きれいに模様替えをすることかな、という位の認識で、雑誌に掲載されている、素敵な写真を眺めては、いつか、こんな部屋に住みたいと思っていました。

インテリアコーディネーターという職業があると知ったのは、町田ひろ子アカデミーの生徒募集の広告で、何て素敵な仕事があるのだろうと、思いました。

これは、1982年春号の、ふたりの部屋に掲載されていた、町田ひろ子アカデミーの生徒募集の広告です。

インテリアコーディネーター養成科と、インテリア国際ジャーナリストコースがあります。
インテリア国際ジャーナリストコースは、インテリア技術と英会話をマスターし国際的に活躍できる人材を育成します、と、説明しています。

町田校長は、雑誌で度々、インテリアコーディネーターの仕事について書かれています。

その記事の中で、この仕事は、生活に密着していて、女性に適している。
接客業が嫌いな人には向かないが、それ以外の女性なら、どんな人にでも門戸が開かれている、と書かれていたのを、今でも覚えています。

町田ひろ子アカデミー 福岡校 ブログ1985年1月号「ふたりの部屋」掲載

この切り抜きは、1985年1月号に掲載されていた記事です。

第1回のインテリアコーディネーター資格試験が終わって、資格についての特集ページの中で、町田校長が、インテリアコーディネーターの仕事内容の紹介と、どのような知識が必要かについて書かれています。今、読み返しても、内容が古びていなくて、驚きます。

ちなみに、第1回の資格試験は、4760人が受験し、合格率は14.8%。試験内容が比較的むずかしく、第1回目の試験であるため現場経験者に有利であった、とインテリア産業協会から発表されています。

インテリアは、それ以降も趣味として、自宅をいかに居心地よくするか、あれこれ手を加え続けています。
ふたりの部屋は、創刊号は買いそびれましたが、2号から、最後の号まで、今も手元にあります。

私は、退職を前にして、自分が何をしたいのかと考えた時、若い時から憧れていたアカデミーに行こうと、一番に考えました。
入学説明会で、町田校長にお会いした時、まさかお会いできる日が来るとは思っていなかったので、只々、見つめて、この方が…と言葉にならないものがありました。本当に、お会いすることができ、言葉をかけていただき、とても嬉しかったです。

町田ひろ子アカデミー 福岡校 ブログ1988年出版 町田ひろ子著

その時、1988年に出版された町田先生の本に、30年前の私に、とお願いして、本の見開きにサインして頂きました。一生の宝です。
憧れのアカデミーでしたが、入学してからは、課題が思うようにできなくて、正直言って、苦労しています。
それでも、先生や、クラスメイトに助けられて、少しずつ進歩しているのが、自分でもわかります
卒業も、視野に入ってくるようになりました。
卒業課題が最後だと思うと、とても嬉しい半面、2年間共に学んだ、クラスメイトと別れるのは、とても寂しいという気持ちがあります。

町田ひろ子アカデミー 福岡校 ブログ2018/11/21授業でのプレゼン風景

今は、公開プレゼンテーションに向けて、最終準備に追われる日々です。若いクラスメイトと一緒に課題に取り組むことができ、貴重な経験でした。
本番を思うと、ドキドキしますが、頑張りたいと思います。

卒業後は、自宅のリフォームにとりかかります。これまでに学んだ事、ショールーム訪問で得た知識を生かしながら、プランを考える時間が、今、一番楽しみな時間です。
2年前からお願いしている工務店には、町田ひろ子アカデミーで学んでから、と話しているので、相談しながら理想の我が家を作りあげたいと思っています。

福岡校 専門科研究課程2年 北村

 町田ひろ子アカデミー 福岡校 公開プレゼンテーション

12/7(金)福岡校
「町田ひろ子インテリアセミナー&企業公開プレゼンテーション」

(参加無料)

参加申込はこちら

  

 

 

【全日制在校生】今年一年を振り返ってみました。

こんにちは。

東京校全日クラスに通っている久保と言います。

町田ひろ子アカデミー 東京校 全日制在校生 ブログ

上の写真は、先日まで外苑前で開催されていたライトアップです。
帰り道にふらっと寄れちゃうっていいですね。

ブログを書くのは何年ぶりだろう…といった感じで、少し戸惑っているのですが、せっかくみなさんに見ていただける機会なので、私なりに今年を振り返ってみたいと思います。

まず、簡単に自己紹介をさせていただきますと…。今までは、病院で看護師をしていました。建築・インテリア業界の夢、一度きりの人生好きなことを仕事にしたい!という思いを捨てきれず、ここ町田ひろ子アカデミーでインテリアを学ぶことを決めました。決めてからは、1年間収入がなくなるという現実を目の前に、必死に学費と1年間分の生活費を貯め、今年4月に晴れて入学することができました(^^) 

そこまではいいのですが、入学してからというもの、正直なところ看護師時代より忙しい…。なぜかというと、追求心が増してしまった…?と自分では、思っているのですが、何でもかんでも凝り性になってしまいました(笑)

学校での課題はもちろんですが、もっともっといいものにするため、休日には美術館に行ったり(恥ずかしながら今までは行ったことがなかったです…)、ホテルデザインを見に行ったり行動範囲が広くなったので、バタバタと動き回っている毎日です(笑)

写真は、11月に訪れた神戸の異人館。
西洋建築がずらーっと並んでいて、入場パスポートを買うと家の中に入ることができます。

町田ひろ子アカデミー 東京校 全日制在校生 ブログ

ウィリアムモリスのベッドルームです。世界観が素敵でした。

町田ひろ子アカデミー 東京校 全日制在校生 ブログ

こちらはコテコテのバロック様式。
その他にも、イギリスの家、フランスの家、うろこの家など興味深いものばかりでした。
ちなみに、近くにおいしいパン屋さんもあります!笑

11月中旬には、1年間の学生生活での大イベント、「公開プレゼンテーション」がありました。クラス代表に選ばれたグループが代表となって、東京ビックサイトのステージで、『私発信の今日町屋』をプレゼンします。全日クラスからは、チームスピリッツが代表として、150人+立ち見エリアで大勢のプロの前ですばらしいプレゼンをしてくれました。代表チームはもちろん、どのチームも代表に選ばれるために全力で努力したことや公開プレゼンに参加できたことはとてもいい経験になりました。

そして、もう一つの試練。先日、インテリコーディネーター資格試験2次試験を終えました。課題と並行しながら、ものすごい勢いで勉強をして臨んだ試験でしたが、手ごたえは…。何とも言えないので、結果を待つのみです。受かっていますように…。

そんなこんなで私にとって、最も忙しくも楽しく充実した2018年が終わろうとしています。就職活動も本格的に開始して今月はこれからといった感じですが、、、卒業まで残された1日1日を大切に過ごしたいと思います。

皆様も体調くずされませんように、良いお年を。

インテリアコーディネーターコース(全日制)久保

【専門科在校生】50歳からのチャレンジ

インテリアコーディネーター専門科1年の太田です。ブログ投稿という貴重な機会を頂きましたので等身大の私をストレートに書き記してみようと思います。

まずは年齢から…

つい先日、50歳を迎えました。
文字だけで見ると「えー結構な年齢」と、自分でも思ってしまいますが、正直あまり年齢を意識せず、今を楽しんでいます。

インテリアコーディネーターを目指したキッカケは、もともとインテリアやファッションが大好きだったので、子育てが一区切りしたら、やりたいことにチャレンジしようと思っていて、大手ハウスメーカーの門を叩いたのがキッカケです。

それまでは専業主婦をしていたので、
外に出て働くのは約10年振りになります。

経験は?

はい。全くありません(笑)
でも私の性格なんだと思います。

出来ないことを考えるより、
出来ることのワクワクを大事にしたい。

失敗だってその時点では失敗だけれども、未来から振り返ってみると、それって糧になっていることがほとんど。

嫌なことは当然あるけど、
その分楽しいことだって沢山あるはず。

そう考えれば、くよくよすることも減って毎日を楽しめるようになると思うんです。

あともう一つ。

今の住まいを手に入れる時にお世話になったインテリアコーディネーターのSさんとの出会いが、今の私に大きな影響を与えています。

Sさんは、決して自身のプランを押し付ける事なく、クライアント(当時の私)の思いや考えを、一つ一つ紐解いて、一緒に住まいづくりをサポートしてくれました。

その過程全てが私にとって、
とても楽しく心地良いものでした。
なんて素敵な仕事なんだろう!
こんな仕事がしてみたい。

その当時の思いが忘れられず、
町田ひろ子アカデミーに通うことを決めました。

多くの皆さんと同じく、仕事と家庭の両立はちょっと厳しいと感じることはあります。

しかも、絵を描くのが大の苦手なので、課題をクリアするのにも人の何倍も四苦八苦しています。

アカデミーには、私よりも、絵が上手い人、素敵なプランを考える人が沢山います。そんなクラスメート達に刺激を受けて、苦手な事も含め、ひとつひとつ楽しみながら取り組めていると思います。

いつかSさんのように、当時の私のような気持にさせる事の出来るインテリアコーディネーターになりたいと思います。

最後に…

今の私は、家族・親・友達を含めこれまで出会ってきた多くの仲間たちの影響を受けて、今の私が形成されました。先達に倣うではありませんが一歩先行く先輩(経験者)から学ぶことは多いと思います。

私とほぼ同じ世代で一歩先行くこの方の言葉をご紹介して私の投稿を締めくくりたいと思います。

50歳の誕生日を迎えて気づいたこと
君島十和子
https://mainichigahakken.net/life/article/post-324.php

IC専門科Aクラス  太田知美

【専門科在校生】インテリア業界で働く私たちがここで学ぶ理由

はじめまして。
インテリアコーディネーター専門科1年次クラスの在校生です。

インテリアコーディネーター専門科9月生として、表参道にある東京校に通っています。兼ねてからの友人と2人で入学を決めました。入学してから感じていること、入学した動機・経緯を2人で書かせていただきます。

※会社には通学してることを内緒にしているのでイニシャルにしています。

【Sさん】

アカデミーに通いはじめて2ヶ月…
週5日間仕事をし、家では課題をこなし、2日間の休日はアカデミーへの通学と課題、ほぼ休みなしのハードスケジュールの日々をおくっています。

9月生は1日の授業がインテリアコーディネーションと建築技術・パース、の3コマ構成のカリキュラムなので、朝から夜まで勉強しています。 仕事をしながらの通学は想像以上にハードでした。でも、「大変だけど、町田ひろ子アカデミーに入学を決めてよかった!」と思います!

その理由は、

☆講師が、アカデミーを卒業し実際にインテリア業界で活躍されている方であること

☆インテリアの基礎、理論をカリキュラムに沿って順に習得できること

☆表参道という立地にあること

実は、私はすでにインテリアコーディネーター(以下ICと略語で表記)の資格とその他住宅に関わる資格を持っているため、改めて学校に通って学ぶべきか迷っていました。しかし、実際いま勤めている会社(住宅業界)でICになることに不安を感じていたのです。

それは、資格を持っているだけでは実務で通用しないと思ったからです。

悩みに悩んだ結果、思い切って入学を決めましたが、正解でした!大好きな表参道の空気を吸いながら(笑)おしゃれな街で最新のインテリアに触れ、講師の貴重なお話を聞きながら勉強することができる。。 やはり、「通学だから味わえる空気感」、先生方の経験や生徒の熱意など、それを味わえることがなによりの財産だなと感じています!

【Tさん】

私からは町田ひろ子アカデミーに入った動機をお話しします!

私は新卒で住宅業界に入り、ICとして現在まで3年働いています。 大学在学時にIC資格を取得したものの、建築やインテリアについて全く勉強したことがない状態から実務をスタートしたかたちです。

もちろんわからないことばかりで、走りながら勉強しているような毎日でした。でも建物が完工したときに、お客様と一緒に悩んで決めたインテリアが現場で形になっていること、お客様にこれにしてよかったと言っていただけることがとてもうれしくて、インテリアの仕事をこれからもずっと続けていきたいと思うようになってきました。

そうなると、あれ、一度ちゃんと勉強しといたほうがいいかな?という気持ちになってきたわけです。 ただ、基礎を勉強したことがないとはいえ若干の経験があるという自負もありますし、最初から学ぶのは時間もお金もかかることだし、、、と入学を激しく悩みました。

今回一緒にブログを書いている友人とたくさん相談して、学校見学にも行って、 基礎から学べば今は感覚で話していることも理論で説明できるようになるし、 なにより町田で学んだということが今後のキャリアの上で自信にもなってくれるんじゃないかと思えたので 悩みに悩んだ挙句入学を決めました!

まだ通い始めて2ヶ月弱ですが、カラーコーディネーションやインテリアテイストの分析など知らなかった知識を学ぶことができていると感じています。 実際に実務のなかでお客様へのヒアリングの幅が広がったように思います。

入学を検討されている方、資格をお持ちの方に少しでも参考になれば幸いです✳︎

machida_blog_20181026

インテリアコーディネーター専門科9月生 S&T

【宇都宮校在校生】『LOOK LOOK 宇都宮』

こんにちは。町田ひろ子アカデミー宇都宮教室2年の坂本です。
本業は大谷石の加工業をやっていて、毎週土曜日に学校に通っています。
皆さんご承知の通り、仕事をこなしながら課題をこなすのはなかなか大変ですが
楽しいクラスのメンバー、優しい先生方に支えられ何とか1年5か月頑張って来た所です。
今回ブログのお話を頂き、インテリアを学ぶ皆さんに
大谷石を少しでも身近に感じていただけたらと思い書かせていただきました。

大谷石 町田ひろ子アカデミー宇都宮教室 ブログ

大谷石は栃木県宇都宮市の北西部にある大谷町を中心に採掘される凝灰岩です。
石材の中では軽量で柔らかく加工が容易であり、耐火性、防湿性に富んでいるため、
昔から石塀や蔵などの建材として利用されてきました。
現在は、薄くスライスした板材を内装材として利用する事の方が多く、
目にする機会も増えてきました。コースターや花器などとしても利用されています。

町田ひろ子アカデミー 宇都宮教室

アカデミーに入学して少し経った頃、町田校長にお会いする機会がありました。
「大谷石をもっとインテリア材として活用するにはどうしたら良いと思いますか?」と尋ねた時に、
校長から返ってきた答えは
「とにかくLOOK!LOOK!良いものを見たら絶対にクリッピングしておくこと!」でした。
その時はそれがどう繋がるのだろうか…と思いながらも
漠然と気になったものはクリップしておきました。
そうしている内に、ショールームなどで素敵な家具や雑貨を見かけると、
これを大谷石でも作れないか?
など仕事に繋がる視点で見るように意識が変わってきました。
このブログを書いている今、グループプレゼンの準備真っただ中です。
宇都宮にいると東京のようにショールームやショップが多くないので、
雑誌やインターネットによる情報収集が殆どになります。
仕事で忙しくて時間が取れなくなってくると
そういった情報だけでは行き詰まってしまう事が多々あります。

そんな時こそLOOK!LOOK!を意識して、心地よい空間を体感する!
実際に自身の目や肌で感じることが大切だと痛感させられます。

わかっていても難しい所なのですが、
できるだけ楽しみながら最後まで努力して納得のいくプレゼンテーションにしたいと考えています。

最後になりますが、宇都宮には大谷石で造られた素敵な教会や蔵などの建造物がたくさんあります。
2018年5月には市内に点在する38個所の文化財が「日本遺産」に認定され、
県外はもとより外国からの訪問も増えています。

是非、そんな心地よい空間を体感しに訪れてみてください。

そして世界にここだけの石。温かみのある石に実際に触れて頂き、
皆様の今後のプランニングにおいて提案素材の一つとしていただければ幸いです。

町田ひろ子アカデミー 宇都宮教室 ブログ

宇都宮教室 インテリア専門科2年 坂本