全日IC2018年期生クラス紹介とGWでみつけた古都金澤の室内装飾

皆さま、はじめまして。
2018年度、全日ICクラスに入学しました旗です。
恐れ多くもクラス委員長に任命されまして、初回ブログを努めさせていただきます。

まずは、クラス紹介から!
今年は、9名のクラスメートでスタートしました。
年齢層は、10〜40代。女性7名、男性2名の女性が多い比率になっています。
初日から、ニックネームで呼び合うアットホームな雰囲気です。
インテリアに興味がある同士なので、年齢や性別の壁は関係ないように感じました。

町田ひろ子アカデミー 全日制 ブログ

入学してすぐに、コーディネーション担当の深澤先生が授業の合間に話してくださったインテリアショップにさっそくクラスメートと見学に伺ったり、最近では授業の一環として、ファブリックの大手専門商社であるサンゲツSRへ見学へ伺い、ADより、壁紙、カーテン、床材の紹介を受け、とても勉強になりました。

そして、学校に慣れた頃に嬉しいGWとセットで課題が出されます!笑

それぞれのペースで、無理なく楽しんで課題を計画的に進めていくことが1年を乗り越えるコツになりそうですね!

私は3つの課題のうち1つを放置して、実家(金沢)に帰省しました。歴史都市である金沢は、戦火を逃れたことで歴史建造物が現存する貴重な都市の1つに数えられているそうです。
観光地としては、東茶屋街、21世紀美術館、金沢城、兼六園がよく知られていますが、日本三名園の1つとされ、国の特別名勝に指定されている兼六園に隣接する『成巽閣(せいそんかく)』の美しい室内装飾を紹介をします。
成巽閣は、文久3年(1863年)に建造した加賀百万石 前田家 奥方の御殿で、階下が「書院造り」、階上が「数奇屋風書院造り」となり、国の重要文化財に指定されています。
今回は代表的な2部屋の室内装飾をご案内します。
まずはじめに、1F奥方のプライベートルームであった「松の間」を紹介します。

町田ひろ子アカデミーブログ 成巽閣「松の間」

町田ひろ子アカデミーブログ 成巽閣「松の間」

障子側には、視界を遮る柱のない縁から眺めことができる「つくしの緑庭園」があります。

障子の腰板には、外からの光を受けて美しく発色されるオランダ渡りのギアマン(小鳥の絵が描かれている)がはめ込まれているのが特徴です。

階下の材には紅い漆を用い、壁は土を使わず紙貼りとしています。その上に金や雲母用い雲や有職の模様が施されています。

次に、ご紹介したいのが、明治以降は、歴代天皇、皇族の御宿泊、ご休憩所として用いられた、日本・中国・西洋の融合を感じさせる「群青の間〜書見の間」です。

町田ひろ子アカデミーブログ 「群青の間〜書見の間」

見上げた天井の、目の覚めるような鮮やかなウルトラマリンブルーとベンガラの朱色の補色関係の色彩配色が艶やかです。(江戸末期にこんな大胆な色彩装飾をコーディネーションするとは驚きです!)

階下とは異なる杉の白木が使用され、壁は土壁です。

左側の「群青の間」は高価な顔料である、フランスから輸入されたウルトラマリンブルーの群青色とベンガラの朱色、右側の「書見の間」は、淡い白群青色・紫色・鉄砂の黒色で構成されています。

海外の最新インテリアコーディネートを見るのはもちろん勉強になりますが、
歴史ある日本建物の構造や装飾を「LOOK!LOOK!」するのもとても参考になりました。

インテリアコーディネーターコース全日制 旗

これから入学される方や、迷っている方へ

こんにちは。

昨年の4月から今年の3月まで、全日制コースに通っていました。

全日制ではわたしが最後のブログ担当なので、これから入学される方や、迷っている方に少しでも役に立ちそうなことを書かせていただきたく思います。

~勉強について~

課題がたくさんあったなぁという印象ですが、振り返るともっと余裕をもって課題に取り組めば楽だったなと思います。(毎回課題の後に思っていました。)どうしてもやる気が出なく後回しにしてしまうときがあると思うのですが、そのときは疲れていてもできること(わたしの場合はアイディアを出すほうじゃなくて、見積もりなどの作業)をやっておくと、後々やっておいてよかったなと思ったので、参考にしてみてください。

町田ひろ子アカデミー ブログ パース

これは時間に余裕があるときに書いたパースで、時間を気にせず書けたのですごく楽しかったです。全部の課題を余裕をもってゆっくりできたら、、、と思っています。

わたしはどの課題でも自分の好きなテイストを選んで楽しくやっていたのですが、今振り返ると失敗してもいいからもっといろいろなテイストに挑戦してみればよかったなとも感じています。特に基礎期間は部屋ごとにいろいろなテイストにできるチャンスだと思うので、ぜひ挑戦してみてください。雑誌やピンタレストでおもしろいテイストを見て参考にするのもすごくいいと思います。あと、わたしは壁紙がすごく大切だなと感じることが多かったので、もしよかったらテシードという壁紙ブランドのショールームにぜひ早めに足を運んでみてください。課題のヒントが生まれるのと、作品が華やかになります!

IC資格については過去問を早めに解いておくといいと思います。最初は何のことかよくわからないと思いますが、理解しなくても答えを覚えるつもりで問題のパターンを覚えるのがすごく大切だと思います。

先生方にはインテリアショップやホテルを見るようにと入学してアドバイスをたくさんいただくと思うのですが、もし住宅に興味がある方がいたら、わたしは住宅展示場もすごく勉強になりました。平日だとあまり迷惑にもならないと思うので、行ってみてください。

~生活について~

課題も終わり、最近はクラスメイトと学校の近くでランチをしたり、散歩をしたりしています。そうすると、こんなところにこんなおいしそうなお店があったんだ!とか、表参道にはインテリアショップがこんなにあったんだなとか今頃すごく感じています。課題で手いっぱいでそんな余裕はないかもしれないですが、表参道をぜひ満喫してください。

日々のランチは、エイベックスの裏に日替わりでたくさんランチワゴンが来ていて、学校の裏通りにもテイクアウトのお店がたくさんあるので、それが毎日の楽しみでした。最近のおすすめは、学校の裏通りの漢方のスープ屋さんで、少し全日制のブーム?になっていた気がします。
ぜひ食べてみてください^^

~最後に~

わたしは去年の3月末ぎりぎりまでその年に入学するか、一年後に入学するかどうか迷っていたのですが、今は入学しておいて本当に良かったと思っています。課題も大変でしたが、大丈夫だと思います。わたしの場合はやりたい気持ちがあってやれる環境があるならそれがタイミングだと思って入学しました。それぞれのタイミングがあると思うのですが、何かの参考になれば嬉しいです。ではでは4月から楽しんでください!

全日制 鈴木啓子

大谷石資料館

こんにちは。

突然ですが皆さん,大谷石はご存知でしょうか。大谷石は古くから、建材として用いられてきた石材の一種です。
少し前の話になるのですが、私は栃木県宇都宮市にある「大谷石資料館」に行ってきました。

とっても幻想的!

写真の背面に見える切り込みの数だけ石が切り出されたことがわかります。
この切り出し跡を見るだけで、人の手で切り出していた時代から機械へと移りゆく様が見てとれます。

インテリアコーディネーター 東京校 ブログ

全日コース・バレンタインディスプレイにチャレンジ

tokyoblog2018020201

こんにちは。

気がつけばもう2月。去年の春に入学して、インテリアコーディネーター全日制で必死に課題をこなす日々もあと少しだと思うと、なんだか寂しいです。 
今は卒業制作に追われている私たちですが、先日、いつもとちょっと趣の違う授業で教室が賑わいました。 

町田ひろ子アカデミー東京校 サントリーホール・公開プレゼンテーションを終えて

今年のベストプレゼンテーション賞は、インテリアコーディネーター全日制クラスが受賞しました。

インテリアコーディネーターコース(全日制)
チーム名「003」
タイトル:be STUDIO 私発信の NO Kitchen # NO Style