北欧を代表する建築家&デザイナーをLOOK!LOOK!「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」

こんにちは。町田ひろ子アカデミー東京校スタッフです。
町田ひろ子アカデミーには、日々のインテリアの学びの合言葉「LOOK!LOOK!」があります。情報収集を自分の足と目で行い、インテリアの学びに役立てましょう。という意味があります。

最近の「LOOK!LOOK!」スポットはこちら。神奈川県の葉山にある「神奈川県立近代美術館 葉山館」へ。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ 「神奈川県立近代美術館 葉山館」

 目的は、北欧・フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトの建築&デザインの足跡をたどった、「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」を観に行くことでした。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ アルヴァ・アアルト

 展示の中には、撮影OKのスペース「アアルトルーム」がありました。家具を中心としたアアルトのデザインアイテムが豊富に展示されています。チェアは座ることもでき、ゆったりと過ごすことができます。建築家としてだけでなく、インテリアデザイナーとしても人気の高いアアルト。名前を知らなくても「見たことがある!」というアイテムがあるのではないでしょうか。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ アルヴァ・アアルト

 ↓お気づきでしょうか。展示のディスプレイの中には、アカデミーの製図でおなじみの「T定規」も!きっと、ディスプレイのスタイリストさんが、建築家、アルヴァ・アアルトを想像しながら、アイテムをセレクトしたのでは?と嬉しくなりました。

町田ひろ子インテリアアカデミー アアルト展

 この写真では分かりづらいのですが、窓の向こうは相模湾が広がっていて、とても気持ちがよいのです。この日は、晴れているけれど雲が多い日。雲がなければ、富士山も臨むことができたはず(残念…)。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ アルヴァ・アアルト

 そして、アアルトとは別のポイントで個人的に嬉しかったことが。このブログの最初の写真のこちら↓イサム・ノグチの彫刻「こけし」という作品。

町田ひろ子インテリアアカデミー アアルト展

 この作品、もともとはこちら「神奈川県立近代美術館 鎌倉館」にあったのです。ル・コルビジェの弟子、坂倉準三による設計で、鎌倉の鶴岡八幡宮の敷地内にある美術館なのですが、建物の老朽化により2016年に閉館となりました。ここからは、思い出の写真です。

町田ひろ子インテリアアカデミー アアルト展

 当時は、こんな感じで「こけし」がいて、この美術館のマスコット的な人気作品。そのため、葉山館で見つけた時には「いた!」と嬉しくなりました。

町田ひろ子インテリアアカデミー アアルト展

 鎌倉館は、鶴岡八幡宮の平家池のほとりに建っているので、晴れた日には水面が天井に映りこみ、趣ある風景に。

町田ひろ子インテリアアカデミー アアルト展

 カフェスペース。古い建物なので、空調が効かなかった記憶があります。いつまでもいたくなる、静かで落ち着きあるスペースです。

町田ひろ子インテリアアカデミー アアルト展

 実際に足を運んで、実物を見て、体感することはとても大切。そして楽しいことだと思います。

ちなみに「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」展は、日本全国を巡回しており、2019年2月16日(土)~4月14日(日)は、東京ステーションギャラリーでの開催です。葉山での展示を見逃してしまった方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

東京ステーションギャラリーの展示情報はこちらから。

そして、閉館になっていた鎌倉近代美術館鎌倉館は、「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として、2019年春にリニューアルオープンという情報が。日本の建築史において、重要な建物のひとつなので嬉しいニュースです!

皆さんの「LOOK!LOOK!」おすすめポイントはありますか?ぜひ、教えてくださいね。

町田ひろ子アカデミー 東京校スタッフ