【専門科在校生】インテリア業界で働く私たちがここで学ぶ理由

はじめまして。
インテリアコーディネーター専門科1年次クラスの在校生です。

インテリアコーディネーター専門科9月生として、表参道にある東京校に通っています。兼ねてからの友人と2人で入学を決めました。入学してから感じていること、入学した動機・経緯を2人で書かせていただきます。

※会社には通学してることを内緒にしているのでイニシャルにしています。

【Sさん】

アカデミーに通いはじめて2ヶ月…
週5日間仕事をし、家では課題をこなし、2日間の休日はアカデミーへの通学と課題、ほぼ休みなしのハードスケジュールの日々をおくっています。

9月生は1日の授業がインテリアコーディネーションと建築技術・パース、の3コマ構成のカリキュラムなので、朝から夜まで勉強しています。 仕事をしながらの通学は想像以上にハードでした。でも、「大変だけど、町田ひろ子アカデミーに入学を決めてよかった!」と思います!

その理由は、

☆講師が、アカデミーを卒業し実際にインテリア業界で活躍されている方であること

☆インテリアの基礎、理論をカリキュラムに沿って順に習得できること

☆表参道という立地にあること

実は、私はすでにインテリアコーディネーター(以下ICと略語で表記)の資格とその他住宅に関わる資格を持っているため、改めて学校に通って学ぶべきか迷っていました。しかし、実際いま勤めている会社(住宅業界)でICになることに不安を感じていたのです。

それは、資格を持っているだけでは実務で通用しないと思ったからです。

悩みに悩んだ結果、思い切って入学を決めましたが、正解でした!大好きな表参道の空気を吸いながら(笑)おしゃれな街で最新のインテリアに触れ、講師の貴重なお話を聞きながら勉強することができる。。 やはり、「通学だから味わえる空気感」、先生方の経験や生徒の熱意など、それを味わえることがなによりの財産だなと感じています!

【Tさん】

私からは町田ひろ子アカデミーに入った動機をお話しします!

私は新卒で住宅業界に入り、ICとして現在まで3年働いています。 大学在学時にIC資格を取得したものの、建築やインテリアについて全く勉強したことがない状態から実務をスタートしたかたちです。

もちろんわからないことばかりで、走りながら勉強しているような毎日でした。でも建物が完工したときに、お客様と一緒に悩んで決めたインテリアが現場で形になっていること、お客様にこれにしてよかったと言っていただけることがとてもうれしくて、インテリアの仕事をこれからもずっと続けていきたいと思うようになってきました。

そうなると、あれ、一度ちゃんと勉強しといたほうがいいかな?という気持ちになってきたわけです。 ただ、基礎を勉強したことがないとはいえ若干の経験があるという自負もありますし、最初から学ぶのは時間もお金もかかることだし、、、と入学を激しく悩みました。

今回一緒にブログを書いている友人とたくさん相談して、学校見学にも行って、 基礎から学べば今は感覚で話していることも理論で説明できるようになるし、 なにより町田で学んだということが今後のキャリアの上で自信にもなってくれるんじゃないかと思えたので 悩みに悩んだ挙句入学を決めました!

まだ通い始めて2ヶ月弱ですが、カラーコーディネーションやインテリアテイストの分析など知らなかった知識を学ぶことができていると感じています。 実際に実務のなかでお客様へのヒアリングの幅が広がったように思います。

入学を検討されている方、資格をお持ちの方に少しでも参考になれば幸いです✳︎

machida_blog_20181026

インテリアコーディネーター専門科9月生 S&T