トーヨーキッチン&リビングのショールームを見学

こんにちは!町田ひろ子インテリアアカデミー東京校スタッフです。

町田ひろ子インテリアアカデミーでは、インテリアコーディネーターに必要な要素として「たくさんの商品を見て、最新の情報を知り、実物を体感する」ことを「LOOK!LOOK!」という学びのキーワードにしています。

東京校のある表参道では、まさにインテリアの「LOOK!LOOK!ポイント」多数のエリア。
今回は、アカデミーのご近所にある、トーヨーキッチン&リビングのショールームを見学させて頂きました。

インテリア ショールーム見学

トーヨーキッチンのショールームの印象をひと言で表すならば、「とにかくモダン!キラキラ!個性的!」でしょうか。夜の時間帯に見学させて頂いたこともあり、照明が映える、ムードある素敵な雰囲気でした。

インテリア ショールーム見学

トーヨーキッチンのルーツは、刃物の町として有名な岐阜県関市の「東洋食器製作所」。金属洋食器の販売からはじまり、その後、金属加工の技術を活かしたステンレス流し台の製造を行うようになったそう。キッチンの美しく繊細なデザインは、優れた金属加工技術があるからこそできる、トーヨーキッチンの強みだそうです。

 インテリア ショールーム見学

また、「トーヨーキッチン」のキッチンは、「高級・普通・リーズナブル」といった価格で選ぶのではなく、「トーヨーキッチンの個性派デザインがいい!」というお客様がとても多く、価格も様々。これだけ個性が強いと、「お客様はデザイナーとかクリエイター系?」と思ったりもしたのですが、実は全然そういうことはなく、一般的な職業の方が多いそうです。

また、最近はキッチンとリビングルームの空間がつながっているケースが多いため「リビングルームと調和するデザイン」を意識。キッチンだけでなく、オランダの家具ブランド「Mooi」やイタリアの家具ブランド「Kartell」も取り扱っているため、キッチン、家具、照明など、さらに住空間をトータルでコーディネートすることができます。

インテリア ショールーム見学

キッチンは当然「毎日生活で使用するもの」。美しいけれど使いづらいでは意味がないわけで、使い勝手がよく、機能や収納も充実。実際に機能を目にするとワクワクしますね!

インテリア ショールーム見学

とても美しいショールームを、丁寧にご案内くださったトーヨーキッチンさん。貴重なお時間を本当にありがとうございました。

インテリアの実物を見て体感するのはとても楽しく、面白いこと。
そして、インテリア商品の変化は早く、お客様の情報収集もとても上手な今、インテリアコーディネーターには最新のインテリア情報が求められています。

まずは、身の回りのインテリアショップやショールームを「LOOK!LOOK!」して行きましょう!

東京校スタッフ