インテリアコーディネーター専門科1Dクラス紹介と私の入学の話

投稿者:在校生

校舎:東京校

こんにちは。
今年4月からインテリアコーディネーター専門課程に入学した共田です。
Dクラスは毎週日曜日のクラスです。

入学してからは、怒涛の1ヶ月が過ぎていったと感じています。 
と言いますのも、私が初めてこの町田ひろ子アカデミー東京校に来たのは、4月15日の伊藤直子先生による体験授業でした。
見学だけのつもりで参加したはずの体験授業でしたが、体験した授業があまりにも楽しかったことに加え、親身になって相談に乗ってくれたスタッフの後押しもあり、私はその日の内にアカデミーへの入学を決めて、翌週末には授業へ参加していました。 

勢いでやると決めたものの、やはり学費と勉強時間の確保ついては心配になりました。
私は、貯金というものを全くしていませんでした。1年入学を遅らせて、お金を貯めてからという事も考えられましたが、自分がインテリアコーディネーターになって働く未来を想像した時のワクワク感が「1年なんて長すぎる。待ってられない」という思いに変わりました。

そして、私は学資ローンを組むことで、働きながら学校に通うことが出来ています。そんな事が出来るのも週に1回の授業のいい所ですね。(宣伝じゃないです。笑) 

そして、勉強時間について。週に1回の授業という事は、課題が多いんじゃないかと思いますが、実際にその予想は当たっていました。平日は働いているので、課題に充てられる時間は少ないです。そんな中でも、16時に授業が終わった後にアカデミーで課題をやる準備を終わらせてから帰路についたり、いかに効率よく終わらせるかを考えて1週間を過ごすことを楽しんでいます。

課題が多いのを楽しんでいると言うと変に思われるかもしれませんが、アカデミーで授業を受けていると、もともと勉強嫌いの私ですが不思議ととても楽しく感じます。それは、自分の将来に繋がっていると具体的にイメージしながらだからなのかなと思います。自分の興味のある事の勉強ってこんなにも楽しいことなんだなぁとすごく驚きました。 

授業の方はというと、コーディネーションの授業が毎週あるのと建築とパースの授業が隔週であります。
コーディネーションの授業は、私が入学を決めるきっかけの1つになった伊藤先生の授業です。

先生は現役のインテリアコーディネーターとして働きながら講師をしているので、横道のような話も面白くてタメになると感じて、いつもメモを取りながら聞いています。授業が終わるとノートが横道の話メモでいっぱいになっています。(笑) 

建築とパースでは大工さんやお客様に情報を伝えるための図面や絵の描き方を習います。慣れない道具を使ってやる細かい作業なので大変ですが、今まで物件探しの時に見ていた図面や奥行感のある部屋の絵を描くことが出来るようになっていくのが楽しいです。

tokyoblog_20180605_01

建築の吉岡先生も現役の建築士として活躍している方なので、図面を書く速さにびっくりしたり、お仕事の話をしてくださるので、為になります。

tokyoblog_20180605_02

そして、クラスの様子としては現在12名前後です。日曜日のクラスなので、大学生から住宅関係のお仕事をされている方や主婦の方まで多様な方がいる印象です。年齢も環境もバラバラな人達が同じ事を同じ時間に同じ場所で勉強しているのが不思議だなと感じますが、話してみるとみんなインテリアに興味があるからか、話が合う方が多いなと思いました。7回目の授業の後でショールームの見学という課題が出るので、誘い合って一緒に行く仲間も出来ました。2年間ともに頑張っていけそうな気がします。 

1ヶ月を思い返しながら書いているうちに長くなってしまいましたが、思い切って飛び込んでみてこの学校で学んでよかったと思えるような充実した2年間にしたいです。よろしくお願いします。

インテリアコーディネーター専門科 1年 共田有希