ガーデニングプランナー科入学から2ヵ月の学びと建築や植物と向き合う時間

はじめまして
ガーデニングプランナー科の土屋です。

テーマは自由という中でどんなブログにしたらよいか少し悩みました。
というのも、町田ひろ子アカデミーガーデニングプランナー科に入学してから2ヵ月間で、もともと好きな植物と建築を観に行く機会や日常で捉える時間がとても多く、特記する出来事を絞り込むのが難しいと感じました。 

課題の為やOPEN講座(校外見学)に参加するなど向き合っている時間がとても充実していたことを改めて思い返し、仕事と生徒の両立はとても大変ではありますが、自分が喜ぶ時間を沢山過ごせているなと実感しています。 

なので、そのようなとりとめのないものではありますが、2ヵ月間のアカデミーで学べたことや建築や植物と向き合えた時間を記させてもらえたらと思います。

それでは早速、ガーデニングプランナー科が開講した翌日に訪れた東京国立博物館の庭園解放です。

5代将綱吉が法隆寺に献納した五重塔や石碑、燈籠が遺されていて、由緒ある5棟の茶室が点在、古いものは1600年代に建てられた茶室も移築されています。春と秋の期間限定の解放で、今回わたしが訪問した時はもう桜は終わり皐月が咲いていました。写真は館内の美しい壁と窓から望む印象的な庭園です。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ

学びの日々

ガーデニングプランナーの吉田珠子です。
いきなりですが、今週の土曜日の授業の課題に追われています。

ショップフロントのプレゼンということで各人が気になるお店を見つけ、そこをより良くするための提案をする。ざっくり言うとそんな感じです。

先週までに何点か案を提出していますので、土曜日は最終的にプレゼンの授業です。「あー大変、わからなーい!」と言いながらもカタログを調べたり、街を見る意識が変わったり、自分の成長を実感出来るのは楽しい作業です。

ガーデニングプランナー科の勉強を考えている方へ

こんにちは。
ガーデニングプランナー科の森田です。

今日はガーデンを勉強したいけど、どこでどんな風に
勉強しよう、、、悩んでいる方に向けて今わたしが入学して
感じていることをお伝えします。

私の入学のきっかけは、グリーン関係の仕事への転職です。
前職とは全くの異業種だったため、少しでも知識を身につけたいと
入学を決めました。
入学して8ヶ月が経ち、思うことは「入ってよかった!」です。
そう思えた3つの理由をできるだけ手短に。。(といいつつ長くてごめんなさい)

冬のマストアイテム

投稿者:在校生

校舎:東京校

冬の便座は悩みの種。
氷のように冷たくて、思わず「ひゃ」ってなるからです。

両手をはさんで座ったり、お尻を浮かせて座ったり、
ちょいちょい苦労を強いられます(笑)。

とは言えそれも昔の話になりました。
今や暖房便座が普及して、ほとんど苦労はありません。

温かい便座はいいものです。
体への負担が少ないし、何よりトイレが快適で。

(写真は、TOTO「ネオレスト」より引用)

アームチェア・ガーデニングの季節のおすすめアクティビティ*ミュージアム

投稿者:在校生

校舎:東京校

こんにちは。ガーデニングプランナー科の遠藤浩子です。
寒い日が続いていますね。庭仕事が少なくなる冬は、アームチェア・ガーデニングの季節。のんびり暖かいお部屋の中で、今年は何を育てようか、どんなお庭にしていこうか、カタログを眺めたりしながら、イマジネーション、調べもの、プランニングの時期です。植物と仲良くなるには、実際に付き合うのが一番ですが、そう出来ないときも楽しみ方は色々あります。素敵なお庭が出てくる映画を観たり(例えばイングリッシュガーデン好きな人には『秘密の花園』とか『眺めのいい部屋』、『グリーンフィンガーズ』もおすすめかな☆)、植物画展などに行ってみるのも良いですよ。

ということで、ちょうど渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の『バンクス花譜集』展をご紹介します。

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_banks/index.html