『古民家再生プロジェクト現場見学会』レポート

投稿者:在校生

校舎:東京校

みなさんこんにちは!
今回ブログを担当します、インテリア専門科1Dクラスの足立紗歩里です。

平日金融業界で働きつつ、週1回、日曜日に町田ひろ子アカデミーに通っています。現在30歳ですが、なんとも引っ越しの多い人生で、これまで住んだ家は9か所!(約3年に1度は引っ越しをしている計算です(笑))
また、仕事では、賃貸不動産に関わる業務を担当していることもあり、「住まう」ということについて自然と興味がわいていました。そんな時に出会ったのが町田ひろ子アカデミー。
アカデミーの合言葉とも言うべき「はじめに暮らしありき」という、コンセプトに惹かれて入学しました。

「はじめに暮らしありき」というのは、
「まず家があって、そこに合わせて人が住む」のではなく、
「まず住まい手がいて、その人の暮らしの充実を叶えるために、インテリアコーディネートをする」という考え方。
それを実現するために必要な考え方や知識、技術を勉強しています。

毎週の課題は大変ですが、ステキな先生やクラスメートに恵まれて、日曜日が楽しみな最近です。
さて、今回のブログでは、先日参加した、『古民家再生プロジェクト現場見学会』のレポートを書こうと思います。このプロジェクトは、町田ひろ子アカデミーで建築を教えて下さる一級建築士の高橋孝栄先生が築150年の古民家を再生されたもの。

旧農家だったものを住宅(orゲストハウス)へ変更。
壁、建具等を補修、耐震補強、断熱処理しながら土間スペースを復活し、現代的な生活に対応した住まいへリノベーションされたのです。画像が荒くて申し訳ないですが、以下のような大変身を遂げています。

<BEFORE>

<AFTER>