【福岡校卒業生】「第一歩」

投稿者:卒業生

校舎:福岡校

はじめまして。
インテリアデザイナーの白井と申します。

私は、2年前に福岡校インテリアコーディネーター専門科を卒業しました。
元々、インテリア業界で事務職の経歴があったものの、子育てでできたブランクを埋める為にも、また、さらに追求してインテリアを学びたい…という意欲からアカデミーに通い始めました。
在学中から、設計事務所でアシスタント業務をはじめ、この度、私個人のインテリアデザイン事務所を立ち上げることになりました。

そして、私にとって、記念すべき第一歩となった物件は、50㎡弱の小さなマンションのフルリノベーションの依頼でした。
クライアント様の理想を、対話の中からじっくりと聞き取りながら、丁寧に丁寧に形にし、提案していきました。
その結果、クライアント様に「本当に頼んで良かった」と言って頂ける住まいを完成することが出来ました。

町田ひろ子アカデミー ブログ【福岡校卒業生】「第一歩」

そして、「完成見学会」のイベントをすることにしました。
物件の設計、デザインはもちろんのこと、見学会の企画、フライヤーのデザイン等、全て自分で考え、自分なりの想いをまとめていきました。

町田ひろ子アカデミー ブログ【福岡校卒業生】「第一歩」

町田ひろ子アカデミー ブログ【福岡校卒業生】「第一歩」

この作業は、アカデミーで学んだプレゼンテーションの準備に通ずるものがありました。

「空間を五感で感じてもらう」をテーマとして、椅子に腰掛けてゆっくりしてもらえるよう家具をセッティングし、生花で空間に色付けし、BGMで音による演出、ポプリを置いて香りのアピール、時にはコーヒーでおもてなし…。

ただ空間を見てもらうだけでなく、ここでの暮らしを感じて、イメージしやすいよう演出しました。

町田ひろ子アカデミー ブログ【福岡校卒業生】「第一歩」

おかげさまで、見学会4日間で50組を超える方にご来場いただき、皆樣から大変ご好評頂きました。スタートしたばかりの小さな事務所ですが、これからもクライアント樣の声をじっくりと聞きながら、丁寧に「理想の住まい」を形作っていきたいと思います。

福岡校インテリアコーディネーター専門科卒業  白井

HAKU design HP
https://www.hakudesigninterior.com

自分が好きなことを学ぶ

こんにちは!
インテリアコーディネーター専門科基礎課程1年の天野と申します。

私は現在、仕事をしながら町田ひろ子アカデミーに週1回通っております。
アカデミーで学ぶことは知らないことばかりで、とても大変ですが、
「自分が好きなことを学ぶ」ってものすごく素敵なことだとしみじみ感じています!…忙しくて休みが欲しいと思うこともありますが、
人生の中で1番と言っていいほど充実した日々を送っております。
今までの自分の過去を振り返ると、公務員を目指して勉強していたこと、大学卒業後は銀行員として働いていたこともあり、インテリアとは全く違う業界にいました。

子供達の可能性を広げる【おしごとなりきり道場】

初めまして。
フリーのインテリアデザイナー・窪田雅代と申します。
町田ひろ子アカデミー東京校 2011年卒業生です。

昨年より、アカデミーとのご縁から【おしごとなりきり道場】という、子供向け職業体験イベントのインテリアコーディネーター講師を勤めさせて頂いています。

町田ひろ子インテリアアカデミー

「好き」なことを仕事にする。

投稿者:在校生

校舎:東京校

こんにちは!
インテリアコーディネーター全日クラスの照井と申します。

簡単に自己紹介させていただきます。
私は現在27歳で、これまで勤めていた会社を辞め、
今は毎日表参道のこの町田ひろ子アカデミーに通っております。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ

ファブリックや色の組み合わせ方、またその表現の仕方を習い実践する、
を日々繰り返して身に叩き込んでいます。
こんなに忙しくも充実した濃い毎日を過ごしていること、
一年前の自分だったら想像もつかなかっただろうと思います。
「最近キラキラしているね」と
最近友人に褒めてもらえることが多くなったのはきっと
大変だけど好きなことに取り組めているからだと思います。
そんなこんなで、
入学してから早いもので半年が経ちました。
私たちのクラスには担任の先生以外にも、
教わる分野ごとに様々な先生が来てくださいます。
資格取得のための講義やコーディネイトの勉強だけではなく、
建築図面の描き方、お客様へプレゼンする資料の作成の仕方など…
すぐに仕事に活かせる能力を多岐に渡って身につけることができます。

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ

▲第一課題で作成したカラースキーム

町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ

▲第一課題で描いた、手書きのパース

私は大学を卒業して会社に入り、
営業という仕事柄たくさんの方と出会わせていただいてきましたが、
こんなにも日々楽しそうで遊び心がある大人たちに出会えたことはありません!笑

「働くって大変なことなんだ」と、周囲を見て、
そういう感情しか湧かなかった、かつての私には想像もつかなかったです。
「好き」なことを世のため人のために、鍛錬する大人って格好いい!

どの先生方のお話を伺っていても思うことは、
やはり「好き」を仕事にすることって最大の幸せだということ。

 町田ひろ子アカデミー 東京校 ブログ

▲同じ志を持つ大切な仲間に出会えたことにも感謝!

私も「好き」を仕事にし、生涯をかけて成長していきたいです。
自分の選択した道を信じて、これからも頑張っていこうと思います。
いつかこの世界で活躍できる人間になれますように♡

インテリアコーディネーター全日クラス 照井

「クリムト展」

こんにちは、福岡校インテリア専門科研究課程2年の中島です。

私は仕事をしながら学校に通っています。

工務店系の設計事務所で図面をひいたり、現場にいったりしています。町田は授業が実践的で、仕事の役に立つと会社社長に勧められ、入学しました。実際に入学すると、座学もありますが、プレゼンに次ぐプレゼン。また、先生方の体験談をきくことができ、とても勉強になります。

普段は福岡で仕事をしていますが、名古屋に行く機会があり、飛行機までの時間に美術館に行ってきました。

福岡校在校生 ブログ クリムト展豊田市美術館です。どこを切り取っても美しい建物でした。

福岡校在校生 ブログ クリムト展あいにくのどんより曇り空

お目当てはクリムト展。このクリムト展、東京・名古屋の展示で福岡にはこない。
見逃せない、とセントレア付近からレンタカーでビューン!と豊田市まで。

福岡校在校生 ブログ クリムト展出迎えるユディト

平日の朝一番でしたので、ゆっくり見られるだろうと考えていました。しかし、なんと朝から大行列。開業の10時までに人の列がのびるのびる…。クリムトの人気もあるのでしょうけれど、この地域のアートを見る素晴らしい習慣を感じました。

展示品は写真撮影NGなので、入口付近にあった…これは…ダイジェスト?

福岡校在校生 ブログ クリムト展

ユディト、女の三世代など有名は作品から風景画や壁画まで

ウィーン大学の天井画「医学」「法学」「哲学」の記録写真もありました。なぜ写真なのかというとナチス軍撤退の際に燃やされてしまったのです。なんで燃やしたの~!

福岡校在校生 ブログ クリムト展戦利品たち。ポストカードは事務所に飾りました。

課題で、インテリアにアートを提案するということを体験して、よく展覧会に行くようになりました。漠然と絵画を見ても息がつまる思いをしていたのですが、自分の家に飾るならどれがいいかな、次の課題に使えるかな、と考えだしてからは楽に見ています。

そのうちグルリット事件、ゴッホの耳切事件など知ると絵画がより面白くなりました。まだまだ勉強ですね…

大阪で開催中のウィーンモダン展にはクリムトのパートナーであったエミーリエ・フレーゲの肖像画もきていますね。
どうにか「LOOK!LOOK!」しに行きたいと思います!

福岡校インテリア専門科研究課程 中島