作品ギャラリー

2-R 優秀作品「 趣 O・MO・MU・KI 」

2年次第2課題『手作りケーキとコーヒーショップ店舗付住宅のコーディネーション』優秀作品

タイトルが抽象的だったため、頭にあるイメージを伝える方法に悩みました。言葉でなくても、イメージ写真やパースなどをもっとつけられたらよかったと思います。
(川畑 奈緒美さん)

2-R 優秀作品「 Oasis 」

2年次第2課題『手作りケーキとコーヒーショップ店舗付住宅のコーディネーション』優秀作品

クライアントさんの立場になって、どうしたら快適なのか、喜んでいただけるのか、想像力を働かせています。
+、新鮮な驚きが提案できればいいなと思っています。
(細見 尚美さん)

特専科A クライアント賞「Cafe Sweets」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

自分も楽しんで作ることができ、また一歩成長しました。
(安永さん)

特専科A クラスメート賞&優秀賞「想い出の集まる場所」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

今回は美しいカラースキームを作ることに力を入れました。
もう少し、場所を限定したパースにした方が、説得力があるものになったと思います。
(林さん)

特専科A クラスメート賞&優秀賞「Flower Cafe」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

お花の好きなクライアントなので、くつろぎの空間を花言葉にちなんでコーディネートしました。
(落神さん)

特専科A 努力賞「Sweet modern Home」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

初めての一軒全体のコーディネートだったので、やることがとても多く大変でしたが、全て完成したら意外に楽しみながらプランニングしてたんだなぁと今では達成感で一杯です。
今度はクライアント賞を目指してガンバります。
(渡部さん)

特専科B クライアント&クラスメート賞「北欧+日本=?」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

北欧イメージに合う日本製家具を選ぶのは難しかったけど、その分楽しかったです。
(上床さん)

特専科B 優秀&クラスメート賞「Active & Slow」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

クライアント様の年齢・精神的・肉体的に充実され、お忙しい毎日を1分でも早く家に帰ってくつろげる空間づくり、また各部屋のイメージを変えることで家にいながら新鮮さを感じていただける様に提案しました。
(北野さん)

特専科B 努力賞「Together Joy」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品

お二人の暮らしが『Joy』で包まれるように思いを込めました。あたたかな空間をつくるために照明もなるべく自然を感じられる素材を選び、省エネで非常用にも使えるものをご提案致しました。
(小山さん)

特専科C クライアント&クラスメート賞「ギリシャサントリーニ島での暮らし リゾートホテルが日常空間」

IC特別専門科『RC造マンションのコーディネーション』優秀作品
(紀田さん)

2-R普通クラスクライアント賞クラスメート賞「together with …」

2年次研究過程 第1課題・優秀作品
『RC造マンションのコーディネーション』

今回は、「集まる」ということをコンセプトにしました。休日にはお二人でDVDを観られたり、お客様をお招きしてホームパーティーをされたり・・・。
それぞれの空間で、ご夫婦2人で、またお客様とゆっくりと楽しい時間を過ごしていただける空間をご提案致しました。
(2-R 南さん)

2-Tクライアント賞「ORIGINAL GALLERY HOUSE」

2年次研究過程 第1課題・優秀作品
『洋食器と輸入雑貨の店舗付住宅のコーディネーション』

クライアントの方にイメージが伝わるように、提案したい所はラフパースを書きました。
(2-T 井戸口さん)

2-Tクラスメート賞「たからばこ」

2年次研究過程 第1課題・優秀作品
『洋食器と輸入雑貨の店舗付住宅のコーディネーション』

「お気に入り」の時間やモノを大切にする暮らしを提案しました。パースで表現するところが難しかったです。
(2-T 色原さん)

2-T優秀賞「食べると愉しむ暮らしを味わう」

2年次研究過程 第1課題・優秀作品
『洋食器と輸入雑貨の店舗付住宅のコーディネーション』

造作家具のパースやイメージ図を描きました。トークが難しいです。
(2-T 村上さん)

2-T努力賞「青い鳥の住む家」

2年次研究過程 第1課題・優秀作品
『洋食器と輸入雑貨の店舗付住宅のコーディネーション』

期限内に課題を終わらせるのと、トークを考えるのが大変でした。
(2-T 島田さん)