社会人の方へ|インテリアコーディネーター

 「インテリアを仕事へ」

 多くの社会人が学ぶ町田ひろ子アカデミー

インテリア就職実績

就職が決まるまで万全サポート

求人情報の閲覧、就職セミナーへの参加、個別カウンセリング・個別指導が受けられます。卒業後も無期限でサポートしています。在校生はインテリア・住宅業界が未経験の生徒がほとんどです。キャリアや年齢を問わない、積極的な就職サポートを行っております。

※2015年3月卒 就職実績 東京校・大阪校 100%達成

インテリアコーディネーターコース(全日制) 

インテリアに関する知識や技術がしっかり学べる1年間の集中コース。基礎知識から実践力を身に付けます。カリキュラムにVector Works CADやインテリアコーディネーター資格対策講座、店舗デザイン課題を含むインテリコーディネーターのエリートを養成する完全版コースです。(昨年度 就職実績100%)

インテリアコーディネーターの仕事力初心者を対象とし、プロとしてスタートを切るために必要な知識を学べるカリキュラムです。実務力養成とともに資格の取得も目指します。さらにはCADなどの情報技術の習得も含め、住環境の創造に携わる者としての土台を築くことができます。週5日の全日授業体制で行われる1年間の短期集中型プログラムです。

町田ひろ子校長が主宰するインテリアデザイン事務所も併設しているので、学びながらインテリアの仕事も体験(インターンシップ)できる就職に直結したコースです。
また、輸入住宅産業協会が実施しているライフスタイルプランナー資格の認定コースですので、基礎試験に必要な知識は基本カリキュラムに含まれています。合格率100%を目指します。

インテリアコーディネーターの仕事 - 造形を学ぶインテリアコーディネーターの仕事を学ぶ - お互いのプランチェックインテリアコーディネーターの仕事を学ぶ - 現地調査インテリアコーディネーターの仕事を学ぶ - インテリアプランの素材選び
造形を学ぶお互いのプランを
チェック
ショップでの
現地調査
インテリアプランの素材を選ぶ

主なカリキュラム

  • 家具・建築・装飾史
  • カラー
  • カラースキーム
  • 素材
  • 塗装材
  • ウインドウトリートメント
  • 住宅のフロアプランニング
  • インテリアアクセサリー
  • インテリアコーディネーターとビジネス
  • ライフスタイル提案と分析
  • スピーチと文章
  • 建築技術入門
  • インテリア素材と建材
  • 建具と金物
  • 建具と設備
  • インテリア関連法規
  • ユニバーサル
  • 高齢者のための住宅改造
  • パースドローイング家具
  • 家具
  • 家具製図
  • ライティング
  • デジタル表現テクニック
  • 公開プレゼンテーション
  • 就職ガイダンス

インテリアコーディネーターコース(全日制)の
情報を見る

在校生の声

インテリアコーディネータークラスの様子を教えてください。

卒業を目前に控えたインテリアコーディネーター専門科の在校生に、いろいろ質問してみました。

この2年間、自分とは異なった感性・センスのクラスメイトの作品に多く触れられたことは、私の財産となりました。今後はお客様のご要望にできるだけ沿いながら、プラスアルファのある、ICらしいご提案ができるよう、自分の中にある壁を乗り越えていければいいなと思います。(R.Hさん)

アカデミーは、年代もいろいろ、職歴もいろいろの人たちと学ぶ貴重な場でした。今まで自分では知らなかった個性があると気づかせてくださった先生に感謝しています。未知の世界の扉を開けていただいて、良かった。(K.Nさん)

仕事と勉強の両立は可能ですか?

インテリアコーディネーター私はフルタイムで仕事をしながらの通学でした。先生やクラスメイト、会社の方々に支えられて通学を続けることができました。限られた時間の中でコツをつかみながら課題を仕上げていけたのは自信になりました。
(Y.Mさん)

社会人として、仕事との両立は難しかったですが、楽しかったので色んな事を学ぶことができました。本当にありがとうございました。(N.Mさん)

仕事と家庭と勉強の両立は大変でしたが、徐々に集中力・スピードをアップしていくことができました。今後は日本中の住宅をより豊かなものにするため、少しでも役立つICになりたいと思います。(H.Kさん)

課題制作は大変でしたか?

2年間、仕事と並行しながらの課題は大変でした。毎回プレゼンには間に合わせるものの、完成度は低いと思っていました。でもコーディネートの一連の作業を繰り返すことで、卒業課題では一番の出来の作品を作ることができました。今後は、緑や水などに強みをもって空間デザインをしたいです。(K.Oさん)

インテリアコーディネーター睡眠時間を削り、夢中になって課題に取り組んだ日々はとても充実した時となりました。グループ課題では年代や考え方の違うチームメイトとの共同作業で苦労したこともありましたが、修了した今は、それがとても自分を成長させてくれたと感じています。(Y.Nさん)

 

未経験からスタートした方はいますか?

アカデミーに通い始めた頃は、未経験からだったので、入学前に公開プレゼンで見た卒業生のようなことが自分にもできるのだろうか、と不安に思っていました。でも、入学して先生方にいつもパワーとやる気をもらいながら、成長できたと思います。今までの人生の中で一番いろいろなことを吸収できた2年間だと思います。(T.Iさん)

出席や課題スケジュールに厳しい学校なので、大変でしたが、それが逆にしっかり学べる環境となり、充実した学校生活となりました。未経験から学んだインテリアですが、今は自分なりに自信が持て、転職できる準備ができたと思います。(T.Tさん)

インテリアコーディネーターアカデミーに通って成長したことは?

お客様の立場に立ったプランニングを先生に叩き込まれた気がします。核の部分をしっかりと教わったので現場に出てもゆらぐことなくやっていく強い意志力が養われたと思います。しばらくはリフォーム会社で学んで、その後また新たな道を考えていこうと思います。(M.Sさん)

勉強が進むうちに、プライベートで訪れた商業施設の内装などをチェックするようになりました。また、コンセプトワークがいかに大事か、そして、「暮らしありき」のコーディネートがいかに大事かが分かりました。(K.Iさん)

インテリアコーディネーター単位制専門科の特徴

多様なニーズに対応できる講座構成

インテリアコーディネーターの仕事力が身につく専門講座

「インテリアに興味があるけど、フルパッケージでの入学に不安がある」、「すでにインテリアの仕事をしているけどパースだけを学びたい」、「子育てが一段落したのでインテリアの仕事に復帰したい」。そんなご要望にお応えできるのが、この単位制専門科の特徴です。

単位制専門科の最大の特徴は、インテリアコーディネーターを目指すために必要な知識とスキルを、教科単位ごとに受講できる学習スタイルです。

通常、72講座を1年間かけて学ぶカリキュラムを、週1日ペースでわずか6回からスタートすることができます。またオプション講座を選択することで、在校中にインテリアコーディネーター資格対策やCAD(Vectorworks)講座も受講できます。

初心者の方はもちろん、短期集中で計画的に弱点補強ができる単位制専門科は、既に業界で仕事をしている方にもオススメです。

※各校により開講状況は異なります。詳しくはお問合せください。

振替クラス・オンデマンド聴講にも対応

インテリアコーディネーターを学ぶ社会人のためのオンデマンド講座在校生の大半が、仕事をしながら通学しています。やむを得ず休まなければならなくなった場合の振替聴講制度や、DVDによるオンデマンド聴講制度など、サポート体制も整えています。

活躍するプロに学ぶ

インテリアコーディネーターを学ぶ社会人のためのプロ講座講師は現場を熟知したプロが中心。第一線で活躍する講師陣が眠っていた可能性を引き出します。教科書だけでは学べない、実践の生きたノウハウを学べるのがアカデミーの大きな魅力です。

主な講座

A.インテリアコーディネーション 基礎講座

インテリアの仕事力に必要なインテリアコーディネーション 基礎講座インテリアコーディネーションとは、床・壁・天井から家具・照明・ファブリックまでを含めたトータルな空間の調和をプランニングすることです。しかし、ただ単純に組み合わせるだけでは暮らしやすい住まいは完成しません。機能面の快適さと心理面の快適さの両立が住まいづくりの基本です。各部屋の機能、人間工学、商品の特性、色や光の持つ性質、そしてさまざまなインテリアイメージ。これらを正しく理解することがコーディネーションの出発点です。

カラー床材壁装材ウインドートリートメントカラースキームインテリア素材と建材建具と金物家具ライティング色彩

 

B. インテリアコーディネーション&建築技術 基礎講座

インテリアコーディネーターの仕事のための建築技術 基礎講座インテリアコーディネーターにとって、お客様や建築工事に携わる人たちとの意思の伝達手段として図面は「共通語」の役割を持っています。インテリア空間を伝えるために必要な作図と読解力が必要です。基礎編では初心者にもわかりやすく、製図道具の使い方から作図、表現技法について学びます。インテリアの歴史・人間工学も内容に含み、住まいについて深い理解が身につきます。

建築・装飾・家具の歴史住宅のフロアプランニング建築技術入門インテリアのディテールと施工

 

C. 手描きパース 基礎講座

インテリアコーディネーターの仕事に必要なパース講座インテリアコーディネーションのイメージをわかりやすく立体的に表現する基本的技法がパースペクティブドローイング(空間透視図)。プレゼンテーションのツールとしてはもちろん、お客様との打ち合わせを進める上での細かな確認にも役立ちます。基礎編では誰でも描けるようになるパースの基本を学びます。

パースドローイングパースドローイング(着彩)

 

D・E・F. インテリアコーディネーション 応用講座

インテリアコーディネーターの仕事に必要なコーディネーション応用講座基礎講座で学んだ基本技術を使って、各エリアごと( マスターベッドルームとバス・パウダールーム、 エントランスとリビング・ダイニング、 キッチンとファミリールーム)のコーディネーション技術とプレゼンテーションを総合的に学びます。また平行して学ぶ建築技術では、構造や法規などを理解しながら、住まいやすい間取り計画を手描きパースではより実践的なパーステクニックを学び、応用力を習得します。

スピーチと文章環境と設備インテリア関連法規

 

G・H・I・J オプション講座

インテリアコーディネーターの仕事に必要な資格対策講座インテリアコーディネーターとしてなくてはならない知識・技能のオプション講座として、IC資格(1次・2次)受験対策講座と、インテリアCAD(Vectorworks)講座をご用意しています。受験対策講座は、広大な出題範囲の中から精選した頻出ポイントを押さえていく授業形式で、働きながらでも一次試験突破を目指せるカリキュラムです。またインテリアCAD講座は、2次元製図に必要な基本的な入力方法を学び、正確でスピーディーに製図を行うための技術を身に付けていきます。

フロアプランの基本プレゼンテーション表現技法2消点パース

週1 2回、通常2年間のインテリアコーディネーター専門科の内容を1年間の最短でプロを目指すコース。

インテリアの知識やコーディネートの基本を学ぶ前半(基礎課程)、後半(研究課程)では、ケーススタディーを専門性の高い応用力でトータルコーディネーションで技術と応用力を学び、実践力としてのプレゼンテーションは更に磨きが掛ります。

また、輸入住宅産業協会が実施しているライフスタイルプランナー資格の認定コースですので、基礎試験に必要な知識は基本カリキュラムに含まれています。合格率100%を目指します。

主なカリキュラム

  • 家具・建築・装飾史
  • カラー
  • カラースキーム
  • 素材
  • 塗装材
  • ウインドウトリートメント
  • 住宅のフロアプランニング
  • インテリアアクセサリー
  • インテリアコーディネーターとビジネス
  • ライフスタイル提案と分析
  • スピーチと文章
  • 建築技術入門
  • インテリア素材と建材
  • 建具と金物
  • 建具と設備
  • インテリア関連法規
  • ユニバーサル
  • 高齢者のための住宅改造
  • パースドローイング家具
  • 家具
  • 家具製図
  • ライティング
  • デジタル表現テクニック
  • 公開プレゼンテーション
  • 就職ガイダンス

インテリアコーディネーター単位制専門科の
情報を見る

在校生の声

卒業を目前に控えたインテリアコーディネーターコースの在校生に、いろいろ質問してみました。

クラスの様子を教えてください

現場で活躍している講師の方々とお話ができたことと、優れたクラスメイトに恵まれ、多くを吸収できたことが収穫でした。生き生きと輝いている人が多く、その裏には様々な苦労があることに気づかされ、励まされ、勇気づけられました。今後は私も多くの経験を積んでいきたいです。(M.Aさん)

いつも、学校に来ると元気をもらい、楽しく勉強することができました。優れたクラスメイトに恵まれ、切磋琢磨しながら、精神的な面でも成長できたと思います。(Y.Oさん)

未経験、社会人からスタートした方はいますか?

デザインは全く初心者から勉強をはじめましたが、今では大好きなデザイナーもでき、ショールームを見に行って感動したり、そしてそれを取り入れたプランを楽しみながらつくることができるようになりました。(M.Mさん)

社会人として全く違う業種でしたが、インテリアになんとなく興味があって通い始めました。仕事をしながらの課題は大変でしたが、目標に近づいている実感があって楽しかったです。当初転職は全く考えていなかったのですが、今は希望のデザイン事務所に就職が決まりました。今後はフリーになってずっとICとして仕事をしていくことが目標です。(T.Bさん)

課題制作は大変でしたか?

課題制作は本当に大変でしたが、楽しみながら、時には悩みながら取り組み、達成した時の喜びを味わうことができました。この経験は今後に生かしていけるものだと思います。(K.Wさん)

課題の提出期限を必ず守るために工夫をし、スケジュール管理能力が上がった気がします。時間が無い中でも、遊び心をプラスしたプランをつくることを心がけて作った最後の課題は先生にも評価いただけて、大満足でした。(H.Iさん)

課題制作で大変だったことは山ほどありますが、その分、完成したときの充実感は素晴らしいものがありました。この経験を糧に、自信をもってこれから現場に出ていきたいです。(D.Sさん)

アカデミーに通って成長したことは?

一番有意義だったのは、沢山のインテリアを見て、触れられたことです。先生に紹介していただいたショールームやショップ、映画・レストランまで、ほとんど行き、引き出しが増えました。そしてクラスメイトの作品から沢山のヒントをもらい、発想力もついたと思います。今後の仕事では、お客様が本当に求めていることを会話のなかから掴み、自分ならではの提案やプラスアルファのサービスをしていくことが目標です。(M.Kさん)

課題を多くこなすことで集中力とスピード感、コーディネーションのコツを掴めてきたのが成長だと思います。また、ICには何が求められているのかを理解できるようになりました。今後は更に自分を磨き、第一線で活躍できるように頑張っていきます。(M.Tさん)

全国各校の講座・イベントを見る