宇都宮教室Welcomeホールのプチリフォーム

テーマはWelcomeの想いをこめて

宇都宮教室 リフォーム

宇都宮教室がスタートして、もう1年半が過ぎました。生徒は、7名全員が進級し毎回パワフルに授業に取り組んでいます。

宇都宮教室の特典は、

1. デザイン事務所の中にあるのでリアルな仕事風景を感じられる

2. 完成した物件までの途中経過の話・内覧会などにも参加でき、地元のお客様と接することができるので、実体験になる

3. セミナー・ワークショップなどのイベントにも参加でき、ビジネスのノウハウを垣間見られる

4. 地元業者とのコラボイベントにも参加できるので、人脈が広がる

などなど。

地元ならではの情報が直接キャッチできるので、生徒の仕事への夢と意欲も大きくなっているのを感じます。今回は、学校へ通いながら感じることができた事務所のホールのプチリフォームのご紹介です。これが当初のホールです。

宇都宮教室 リフォーム宇都宮教室 リフォーム宇都宮教室 リフォーム

ウィリアムモリスのクロスとカーテン、そこにフラワーアレンジを加えて、お庭だけでなくインテリアでも、沢山のお花が出迎えるWELCOMEスペースです。このスペースは、TOSO出版の「インテリアデザイナーの住む家」という本にも掲載されていますので、興味のある方はのぞいてみてください。

宇都宮教室 リフォーム

そして、このスペースをイメージチェンジしたいといろいろ迷っていた時に、イギリスのファブリックメーカー「デザイナーズ・ギルド」のデザイナー トリシア・ギルドに去年お会いしたのです。

宇都宮教室 リフォーム

その時会場に飾ってあったファブリックに一目ぼれ これでイメージチェンジをしたいとスタートしたのです。

まずは、クロスから。

宇都宮教室 リフォーム

ダイナミックな壁になり、生徒も皆さん感動です。正面のカーテンは、仮止めです。どことなく重たい感じが。

こちらが完成です。

宇都宮教室 リフォーム

正面のカーテンは、ギャザーのシアーカーテンにし、照明のペンダントをファブリックでデザイン。カーテンのバランスもコラボさせたデザインに。これで空間の統一感もでて、ギルドならではのダイナミックさと大人のエレガントさも加わり、この部屋のドラマも完成しました。

生徒は、帰りがけにじっくり見ながらプチリフォームでも感じるものが違うことを体感し、インテリアへの夢も広がったようです。実は、正面のシアーカーテンもギルドにしたいといろいろ考えています。そんな時、ギルドの新作発表会に参加し、そこで出会った生地にトキメキしました。どう変わるか・・・変わりましたらまたお知らせしますので、どうぞお楽しみにしていてくださいませ。

宇都宮教室講師 室賀裕子