サマースクール8/6(日)3科目まるごと授業体験」開催報告

 こんにちは。東京校事務局です。

8/6(日)に開催致しました「3科目まるごと授業体験」のサマースクールレポートです。

アカデミーのメイン教科である、インテリアコーディネーション・建築技術・パースの3教科を1日で体験出来る半年に一度の貴重な回でした。

各教科45分の時間割での授業。
※実際の授業では、専門科コースは1講義は2時間半、全日コースでは3時間となります。

●1限目はパース
パースでは着彩の練習。下記のパース図のソファとテーブルの着彩を体験していただきました。着彩に使用するのはコピックマーカーで、塗りはじめは薄く薄く、そして徐々に色を重ねていきます。光のあたる方向を考えながら、色の濃淡に強弱をつけて陰影を表現していくのがポイント。
blog_tokyo2017080801

blog_tokyo2017080802.jpg

今回の授業では着彩のみでしたが、アカデミーの授業では、パース図の描き方から指導していきます。
入学して3ヶ月ほどすると上図のようなパースが描けるようになります(着彩も含めて)

●2限目は、インテリアコーディネーション
アカデミーの授業では一番メイン科目であるインテリアコーディネーション。授業では下記の図面に、グラビアから好きな家具を選び配置する、というコーディネートの体験。家具の大きさ、色、テイストなどから、インテリアスタイルの統一性まで考えながら選んでいきます。そして人が快適に過ごすための動線も考えないといけません。

blog_tokyo2017080803.jpg
blog_tokyo2017080804.jpg

●3限目は、建築技術
「建築」というと、細かくてなんだか難しそう・・という印象持たれる方が多いです。
しかし、吉岡先生(建築講師)曰く、図面を描くことには、パースほど美的センスは必要なく、図面は所詮、線の集まりなので、とにかく最初は線を描くことに慣れましょう、そして一番の上達は、ガムシャラに描くこと。そうすればいつの間にか描けるようになります。要は慣れです。
そして平面図を見て、頭の中でパッと立体をイメージ出来ることも重要です。そこで今回の授業では、工作のように図面を切り抜いて「立体に起こしてみる」という作業をしていただきました。

blog_tokyo2017080805.jpg 

参加者のみなさんは、初心者の方がほとんででしたが、どの授業でも順調に作業を進められて楽しく体験していただけたようです!授業は夢中であっという間に時間が過ぎて大変楽しかったです!と嬉しいご感想をいただけました。

———————————————————————————————–

次回サマースクールは明日!
●8/9(水)19:00から「卒業生トーク】ゼロから学び、インテリアコーディネーターに転身!」 http://www.machida-academy.co.jp/school/sc-tokyo/sct-briefing/23318.html

インテリアコーディネーターとして活躍中の卒業生トーク初心者スタートでアカデミーに入学し、卒業とともプロに転身した2人の卒業生による、リアルトーク。インテリアコーディネーターを目指したきっかけや在学中のこと。就職活動や現在の仕事についてお話します。アットホームな雰囲気で、あなたの「知りたい」にもお答えします。

ご参加お待ちしています。

                                                                     東京校事務局スタッフ