旅行とインテリア

こんにちは。
昨年末にインテリアリフォーム科を卒業した長崎です。

振り返ると時間に追われるあっという間の1年間でしたが、卒業してみてあらためて自分の好きなこと、向かっていきたい方向などをもう1度思い直し、少しずつですが、日々自分の興味のあること、したいことなどを始めています。

さて、在学中は時間に制約があるため、自粛しなければならなかったことがあります。
それは、旅行です。

blog_tokyo2017040607

といっても台湾やマレーシアなど、週末を利用して短い期間で行くことはできたのですが、それでも振替受講が結構大変でしたので、できれば授業は欠席しないほうがベターという印象です。
ですので長期の旅行などはやはり避けたほうがよく、旅行好きの私としましては、その点では我慢の1年でもありました。(笑)

好きな国はいろいろあるのですが、この5年くらいは年に1回のペースでマレーシアに行っています。
マレーシアは治安が良くて、ほどよく都会、イスラムの国なので派手なネオン街などはなく、客引きなどもないので、日本人には旅行しやすい国だと思います。
そして物価が安いので、5つ星の高級ホテルにかなりリーズナブルに泊まることができます。
東南アジアの国はどこもそうですが、高級なホテルに比較的気軽に泊まることができるので、インテリアに携わっている私達にとっては大変ありがたいことだと思います。 ヨーロッパでは一泊10万円くらいするランクのホテルが、マレーシアでは1~2万円ほどで泊まれますので特にお薦めです。

マレーシアでは島にも行ったりしますが、基本は首都のクアラルンプール(KL)を拠点にしています。
滞在先はマンダリンオリエンタルホテル(インテリアイメージは「オリエンタルモダン」)や、リッツカールトンホテル(インテリアイメージは「ザ・クラシカル」)など、どこもそれぞれに高級感と趣があって素敵なのですが、その中でも個人的に一番好きなホテルはマジェスティックホテルです。  
http://www.majestickl.com/
何が好きかというと、雰囲気、つまりインテリアが好きなのですが、マジェスティックホテルのインテリアイメージは、勝手に名付けて「アーバン・コロニアル」です。(私の卒業プレゼンはまさにこのイメージでした!)

1930年代に建てられたこのホテルは、リニューアルを経て、モダンな雰囲気を加えた新館とクラシカルな雰囲気そのままの旧館から成っています。

お部屋もそうですが、ロビー、レストラン、アフタヌーンティールーム、スパなど、どこもかしこも好みなので、わけもなく歩き回りたくなります。(笑)

コロニアルな白亜の外観
blog_tokyo2017040601 
アフタヌーンティールーム blog_tokyo2017040602

Barもあるダイニング。夜はジャズ演奏もあります。 blog_tokyo2017040603

モダンな新館のベッドルーム blog_tokyo2017040604

優雅にいただくアフタヌーンティー。

blog_tokyo2017040605

blog_tokyo2017040606

オーキッド(蘭)ルームでアフタヌーンティーをすることもできます。 blog_tokyo2017040607

チャイナタウンにあるレトロなカフェ blog_tokyo2017040608

実は今月もマレーシアに行く予定です。
今回は東海岸のトレンガヌというビーチに行く予定で、マジェスティックホテルと同じ系列のリゾートホテルに滞在します。

こんなお話をするとなんだか遊んでばかりいるように聞こえるかもしれませんが(笑)、ちゃんと働いていますし勉強もしています。
忙しい合間をぬっての久しぶりの長い旅行なのでとても楽しみにしています。

最後に、マレーシアの人達は子供にとてもやさしく、老若男女みな子供好きなので、小さなお子さんのいらっしゃる方でも安心して旅行できますので、その点でも自信をもってお勧めいたします。

機会があれば是非マレーシア、そしてマジェスティックホテルに宿泊なさってみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

東京校卒業生 長崎