卒業目前!充実のアカデミーライフを振り返って

みなさん、こんにちは。2Aクラスの館農です。

こう名乗れるのも、卒業までのあとわずかな時間です。町田ひろ子アカデミーで過ごした約3年半を振り返りながら、私の夢を少し語らせて下さい。 

私は現在、2児の母であり、3歳の娘と1歳の息子がいます。

4年前、私は新米の銀行員でした。望んで入った業界ではありませんが、悪戦苦闘しながらも融資担当や新卒採用など幅広い仕事をさせてもらい刺激的な毎日でした。そんななか、私の妊娠と主人の東京転勤希望が重なり退職することとなりました。社会人生活はわずか2年半でした。

この先のことが不安でしたが、悩んでいてもしょうがない。むしろチャンスだと考えて「天職だと思える仕事に就こう!」そう思って訪れたのがマザーズジョブカフェ。お母さん向けのキャリアサポートセンターです。そこで資格一覧に目を通しているとき一番に目に飛び込んできたのがインテリアコーディネーター資格でした。

自分の部屋を増築してもらった中学時代、京都の町屋を店舗にしたpaul smithで働いていた大学時代、そしてカフェの増改築の資金をご融資する案件に携わった銀行員時代、人生いたるところで空間の力に魅了されていました。いつもと同じことをしていても豊かで素敵な空間であればその時間はたちまち輝き出します。 

blog_tokyo_20170318_1.jpg

★大阪校時代のクラスメイトと誕生日会兼ハロウィンパーティー。若いクラスで学生時代の楽しさそのもの。

京都から通えるスクールを探し、大阪校に入学することを決断するのに時間はかかりませんでした。私の人生は行動力の賜物です。大きくなっていくお腹を抱えながら学校に通うこと、あちこちのショールームに行くことは全く苦ではありませんでした。プツンと社会から取り残されるような感覚に陥ることなく、充実した毎日が送れていたからです。

そして出産の2か月前に休学。主人の東京転勤が決まり、転校することとなりました。未知の東京、そして子育て。家から一歩も出ない日が何日も続き、気分も内向きになっていました。 

blog_tokyo_20160916_2.jpg

★子育て相談や人生相談に乗ってくれる頼もしいクラスメイト。今でも近所でお茶をして情報交換。

東京校に初めて行った日、産まれて間もない娘を連れてどぎまぎしながら表参道を歩いていたことを覚えています。復学してからはクラスメイトに子育ての事、家族のこと、自分の夢や目標についてなんでも相談しました。事務局の方の提案で、先輩ママの多いクラスに復学しました。この頃から子育てが楽しいと思えるようになり、子供を連れて色々な場所へ行きました。

blog_tokyo_20160916_3.jpg

★2回の休学を経て復学したら、デジタルの時代に突入していた。それぞれ得意分野の有る尊敬すべきクラスメイト。

そして2人目の妊娠。授業を余すことなく聞きたいと思った私は再び休学を選択しました。休学中もクラスメイトは頑張っていると思うと力が湧いてきて、色彩検定2級とインテリアコーディネーター資格を取得しました。出産する5日前に2次試験を受験した人は私ぐらいでしょう。 

その行動力がたまに自分でも制御できなくなることも。2回目の復学を前に、フルタイムとして民泊のベンチャーで働き始めました。そんな私の状況を知って、前クラスの担任の先生や事務局の方から、「働く意味」や「母としてのキャリア」についてたくさんのアドバイスを頂きました。「焦らなくてもいい、ゆっくりでも前を向いて進んでいれば道はできている。」

女性は人生のなかで何度も選択の岐路に立たされます。しかし、一番大切なかけがえのないものは家族で、豊かな空間を作る仕事がしたいと思ったのも根底では家族で過ごす自分の家を想像していた自分に気が付きました。ICの仕事は息の長い仕事、年齢もキャリアも関係ない。多様性が役に立つ、常に社会から需要のある仕事だと気づきました。

私はアカデミーに通って豊富な知識と経験を得ました。しかし今、最も財産だと感じるのはアカデミーを通じて出会った人々です。私は3つのクラスに所属したので3つのクラスのクラスメイト、担任の先生方、そして大阪校と東京校の事務局の方とのご縁がありました。このアカデミーは年齢、キャリア、たまに国籍も違う人たちが一緒に学び、それぞれの目標に向かって一緒に努力します。あまり無い環境だと思います。勉強のことだけではなく、子育てや人生、夢の掴み方など様々なことを教わりました。そしてこれからもずっと続いていくご縁です。 

blog_tokyo_20160916_4.jpg

★課題をやるそばでいつも一緒に遊ぶのを待っていてくれる私の娘。カラースキームを見てかわいいねと言ってくれた時には感動

この春、一級建築士事務所に就職が決まりました。週3日で子供が幼稚園に行っている間のお仕事です。たくさんの人に何度も相談に乗ってもらい、家族のことを考えた、でも自分らしいキャリアのスタートになったかなと思います。

今後の目標は、子供の成長に合わせて仕事に強弱をつけながら長くICとして輝くこと。子供に「夢や目標を持って努力する楽しさ、そして夢は叶う」ということを教えられる母になること。この先の人生、アカデミーで学んだことをしっかりと握りしめて歩んでいきたいと思います。 

インテリアコーディネーター専門科 2A 館農