初めてのショールーム見学

こんにちは、私は4月からIC専門科1年生として町田アカデミー(日曜日クラス)に通っています。 

学校の課題で、各インテリアエレメントを展示しているショールームに足を運ぶというものがありました。今回は、私が初めてインテリア関連のショールームに行ったレポートを書いていきたいと思います!

 はじめは床材のショールーム見学。

ブラジルデザインについて

ブラジル、というと最初に思い浮かぶイメージはリオデジャネイロのカーニバル、常夏の太陽にビーチ、といったものでしょうか。

ブラジルの国土は広く、北部と中部、南部、またその中でも東部と西部では気候も文化もまったく違い、まるで別の国のようです。そんな多種多様な顔を持つブラジルなので、デザインといっても短い文章ではとても語りつくせないのですが、今回はブラジルが誇るデザイナーをほんの少しですがご紹介させていただきます。 

「好きなことを仕事に、遊ぶように仕事を。」

はじめまして!

専門科1Cクラスの中込と申します。
4月から、土曜日のクラスに週に一回、通っています。
アカデミー一年生であると同時に、新卒の社会人一年生でもあります。

今日はそんな私がアカデミーに入るまでの経緯やこれからについてお話させていただきたいと思います。

インテリアコーディネーター資格試験について

今年の4月から町田ひろ子インテリアアカデミーの週末2年間のコースを受講しています。

現職は会社員で、インテリアとは無縁の業界です。以前からインテリアには興味がありましたが、なんとなくという感じでした。「まずはやってみようかな!」と昨年の3月に思い立ち、ネットで色々調べてみると、どうも資格を持っていると良い、ということでした。

なんとなくでも仕事の全貌がわかるかもしれないと思い、「モノは試し」とインテリアコーディネーター(IC)資格試験を受けることにしました。ネットで検索すると、「資格取得」と「即戦力になるための勉強」はどうも違うらしいということがわかりました。それぞれ学校名も出てきて、「資格試験対策」には合格率の高いところを選びました。ちなみに、「実践的なカリキュラム」ということでは町田ひろ子インテリアアカデミーがダントツで高評価でした。ただ、ICが何なのかもわからない段階でいきなり2年間の学校に通う(週末コースで)というのはちょっとハードルが高いように思いましたので、まずはIC資格試験を優先しました。

町田ひろ子インテリアアカデミーインテリアコーディネーター試験について問題集は章毎に切り離し、不正解の箇所に付箋して、通勤などの時間に持ち運んで勉強しました。

インタイム(in time)提出!

四月、桜が終わり、新緑輝く季節に移りはじめた頃、町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミーの新学期がスタートしました。こんにちは。インテリアコーディネーション専門科水曜クラス2年の田中と申します。現在は、専業主婦です。

春休み明けでボーッとしていた時にブログを唐突に依頼されて、入学してからの事をアレやコレや振り返ってみると…とても300文字では収まらないので、振り返るのはヤメにして、アカデミーが提唱している課題の「インタイム(in time)提出!」について、私なりに心掛けている事をお話ししようと思います。