新たな仕事に心弾ませて

こんにちは。
町田アカデミーを卒業した後の進路は、皆様どのようにお考えでしょうか。卒業生の方は、どのような仕事に就かれていますか? 

私は今年3月に卒業し、縁あって首都圏のリフォーム会社での内定を先日頂きました。こちらの写真は、今後お世話になる会社の施工事例の一例です。よく雑誌やテレビなどで紹介されています。

160819.05

この会社で、私は戸建住宅やマンションのリノベーションに携わります。
プランナーという職種で、空間の意匠設計から内装コーディネートまで関われるため、 町田アカデミーでの課題と近しい仕事内容が出来る予定です。 転職活動は簡単なものではありませんでしたが、 ひとつの体験例としてご紹介出来ればと思います。

学校に入学した当初は、インテリアには興味はありましたが、まだリノベーションという言葉自体、知りませんでした。
きっかけは、普段の授業や町田校長の特別講義からでした。しかし、その時は「このようなものがあるんだ」という様に漠然と捉えているだけでしたが、ある雑誌を見ることがきっかけで、興味が深まっていきました。
それが、扶桑社が出版している「relife+」という雑誌です。あまりにも面白くて、私は何冊も持っています。デザインもフロアプランも興味深い施工事例が沢山掲載されています。

160819.01

最初は興味本位のリノベーションでしたが、いつしか本気でこのような仕事をしたいと思うようになり、これらの事例を施工する会社を調べるようになりました。
(よくこのような雑誌では、事例写真の隅に施工会社の紹介が掲載されていたりします)

私は、在学中に本業で大阪、東京、札幌と転勤が重なり、町田アカデミーの卒業にも苦労しましたが、ようやく3月に無事卒業し、少し落ち着いてGW休暇が明けた頃から転職活動を開始しました。
内定までの道のりは簡単なものではなかったですが、後悔しないよう最後まで諦めず、自分を信じ続けた事が結果に繋がったと思っています。

住宅ハウスメーカー、エレメント会社など、他の業界は分かりませんがリノベーション(リフォーム)業界は、経験者募集が多く、実務未経験者の採用は少ないのが現状です。
私は町田アカデミーを卒業しましたが、異業種からの転職で、もちろん実務未経験です。しかし、私は「relife+」に掲載されているような、デザインもフロアプランも素敵で独自性のある会社を希望していました。どうしてもリノベーションの仕事をしたかったので、やるだけチャレンジして、50社程度受けてそれが全部駄目だったら諦めがつく、と思って頑張りました。
未経験者の採用は少ないですので、ほとんどの会社は求人自体が無く、履歴書やポートフォリオを送るところから始まります。

 160819.02

しかし、実際に応募すると現実を思いしらされます。10社ほど連続で書類選考に落ちて、面接までまず繋がりませんでした。企業側にして見れば、未経験でしかも30代に入った男性を採用する事に難色を示す事は、私でも容易に理解出来ましたが、さすがにこの時は気持ちが焦りました。
しかし、焦ってばかりで何もしないでは、結果は何も変わりません。50社まであと40社受ければいいと、気持ちを切り替えて引き続き臨みました。
この頃から徐々に、自己分析や志望動機など履歴書でのコツも自分なりに掴むようになり、3~4社面接の機会を頂く事が出来ました。

ここでさらに面接でも、厳しい壁が直面します。
・未経験でのリフォーム業界は厳しいから、アシスタントからのスタートとなる。
・未経験で一からのスタートだから、待遇(給与)は今より大きく下がる。
・設計職は経験者しか採用していない。不動産の営業で良いなら採用検討する。
など、厳しい声を沢山頂きました。しかし私は、その会社でやりたい事や自分自身について、必死に自己アピールして熱意を伝えました。
結果、面接でも何社か落ちましたが、20社ほど受けた中で数社内定を頂きました。縁があったのか、これからお世話になる会社では一番私のことを評価して下さり、私が希望していた空間の意匠設計や内装コーディネートの職種として、迎えて頂けます。新しい仕事は11月から始まりますが、とても待ち遠しいです。

皆様も、家庭環境や目指す業界など転職活動に困難な場面もあるかと思いますが、少しでも私の体験記がお役に立てればと思います。
いつか一緒に仕事が出来る機会がありましたら嬉しいですね。

インテリアコーディネーター科 松村