学生がリノベボランティアに参加!

福岡校事務局スタッフです。福岡も梅雨明けし、連日30度超えの猛暑に突入しています。

皆さん「ファミリーハウス」はご存知ですか…?
「ファミリーハウス」とは、小児がん等の難病治療のために、地方や海外から大都市の病院に来ている子どもと介護する家族の疲れた心と身体を温かく迎え、滞在施設として使っていただく「もうひとつの我が家」のことです。

今回、九州大学病院に隣接するシバタハウスがファミリーハウスとしてリノベーションされることになりました。このプロジェクトはすべてボランティアによるもので、プロの外装工事・内装工事・そしてインテリアコーディネーター関係者が関わっています。今回アカデミーも卒業生からのお誘いで微力ながら参加することになり、第1回のペンキ塗りを2年生の方と一緒にプロの指導のもと行いましたのでその様子をご報告します。

今回の物件は築40年程の2階部分3戸のリノベです。

Pic_001_640

5月から外部塗装→内部解体→大工工事と進み、7月10日に参加した私たち4人は内装ペンキ塗り担当。福岡大学の生徒さんと一緒にプロの指導のもとやらせて頂きました。

Pic_002_0640

塗料の名称などは知っていても実務は初めての私たちなので、戸惑いながらも興味津々!エマルジョンペイント・グロスペイントの違いなど実践で体感することができました。

まずはマスキング・下地のシーラー塗り・EP・GP→乾いたら2度塗りという工程です。最初はなかなか刷毛使いなど難しく大変でしたがプロにコツを教えて頂きながら、いつのまにか無心でやっていました。

Pic_003_640

朝9時~夕方5時まででしたが、2時間毎に休憩水分補給・お昼休憩とあっという間に時間が過ぎ目標まで進み、清々しい達成感がありました。何よりも皆さんとお話ができた事が大きかったです。10月にはすべて工程が終了し、オープンするそうです。出来上がりが楽しみです。まだこれからメンバー交代しながら参加予定ですので、また皆様にご報告しますね!

今回参加したIC専門科2年の生徒さんのコメントをご紹介します。

「実際の現場を通して作業をしてみると刷毛の使い方や塗り方、範囲など細かく配慮しながら美しく仕上げることの難しさを実感しました。また、多くの方々の手によって出来上がっていくことに、微力ながら貢献できた、有意義な一日でした。また8月も参加します。」
M・Nさん

「人生初の職人さんと一緒に遊びではなく本当に使用する建物の内装、ペンキ塗りを体験。最初は手首もガチガチで刷毛使いが思うようにいかなかったのですが・・・「何ということでしょう」あっという間に塗装できるようになり楽しくて時間がたつのも忘れていました。紙や図面上でデザインするのは簡単ではないけれどやり直しもできるし時間も短いですが、実際の現場に入ると、大きい実寸の手直しや細かい部分の修正の大変を学びました。また現場の方々とのコミュニケーションと、実際に現場を見ての確認の大切さを感じました。」
Y・Oさん

最後に福岡校の様子を紹介します。
この4月に福岡校はお引越しをしました。実際に珪藻土壁や各種ブラインドを施したインテリア商材に囲まれた教室です。

Pic_004_640

授業以外でもサンプル帳や参考図書の閲覧、自習ができますよ。現在、体験セミナー「サマースクール」を実施しておりますので、インテリアにご興味がある方は、是非新しくなった福岡校へお気軽にお越し下さい。お待ちしています!

Pic_005_640

■2016年10月生(基礎課程が半年で学べる)
■2017年4月生の願書受付中です!

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー
福岡校・事務局スタッフ