インテリアと子育て

【 入学の動機 】
1年半前にアカデミーを卒業いたしました市橋です。
娘の幼稚園入学と同時に、町田インテリアアカデミー1年生として勉強をスタートさせました。

インテリアの学校を検討した1番の理由は、娘が楽しく勉強できるような部屋作りのためでした。アカデミーの体験授業や説明会で、授業内容、そして先生方がイキイキしていたことも、入学の決め手となりました。

【 学校生活 】
私は週1回2年のコースを選択いたしました。最初は何もかも、胸弾ませることばかりでした。自宅で課題作成の際、娘用に簡単な課題を与えて、一緒に楽しんで作業をすることもありました。

1年目の秋には、英国研修に参加しました。インテリアの国際見本市の1つであるDecorexや100%Designの視察、活躍中のデザイナーの講義を受講するキャリアトレーニング、リノベーションしたホテル、イギリス人の方のご自宅訪問見学など、英国のインテリアの質の高さ、古きものと新しいもの融合、カラースキームなどを見ることができ、素晴らしい経験となりました。

osaka1

デザイナーズホテル宿泊体験 in ロンドン

皆様、こんにちは。 

インテリアが大好きで生涯の仕事にしようと決心し、4月から子育てと両立しながらインテリアコーディネーター専門科に通っています。 

皆様、Kit Kemp(キット・ケンプ)というインテリアデザイナーご存知ですか?

今回、主人の母国イギリスに帰省するにあたり、先生にロンドンに行くなら、Kit KempデザインのHam Yard Hotel(ハムヤードホテル)を見た方が良いとお勧め頂きました。リサーチしましたら、彼女のデザインしたホテルはロンドンに8軒、NYに1軒あることが分かり、ロンドンのピカデリーサーカスにある2軒のHam Yard HotelHay Market Hotelに思い切って宿泊することにしました。両ホテルとも、Kit Kempの素晴らしいデザインの空間に私は衝撃とトキメキが止まりませんでした。 

072202

母、楽しくがんばっています

こんにちは。
インテリアコーディネーター専門科1Cの近藤と申します。

私には1歳になる娘が1人います。

kondou
(娘1歳7ヶ月)

入学する前、同じ歳の子供がいる周りのお母さん達は、職場復帰をし始めました。「そうかぁ、もう保育園に預ける人もいるのか。うちの娘も少しずつ母の手を離れても大丈夫な歳になったんだな」と少しさみしく思いつつも、妊娠を機に仕事から離れていた私は、「よーし何かはじめてみたい!(自分の事を)」と思いだしました。

我が家に再びときめきを!

投稿者:在校生

校舎:東京校

こんにちは。インテリアコーディネーター専門科2Aの荒木です。
只今アカデミーでの春休みを満喫中ですが、休みも終盤に入り・・・夏休みが終わる子どもの心境がよく理解できるこの頃です。

たっぷりと時間のあった春休みですが結局家の片付けに追われている最中です。
その中で「家=住まい」について思うことを書かせて頂きます。

 我が家は築10年となる戸建て住宅ですが、海まで徒歩5分という立地故「塩害」もあって最近は家の老朽化が目立ち始めました。それと同時に子どもたちの成長、家族関係・生活の変化・・・家を手に入れた頃のマイホームに対しての大切な気持ちやときめき感のようなものが徐々に薄れていくのを感じていました。インテリア好きの私にとってこの状況は非常にアンハッピーなことです。新しい物を購入してインテリアに取り入れればそれなりに新鮮な気持ちにはなりますが、今更家具を買い替える訳にもいきません。またそれが根本的な解決策でもないような気がします。

卒業生のことば

投稿者:在校生

校舎:東京校

2016年3月19日にTEPIAホールにて「2015年度 卒業式」が開催されました。
卒業生代表として、インテリアコーディネーター専門科2年生の神谷さんから「卒業生のことば」をいただきました。感動します、ぜひお読み下さい。

——————-

卒業生のことば

本日はこのような心のこもった卒業式を開いていただき、心より感謝いたします。