旅行とインテリア

こんにちは。
昨年末にインテリアリフォーム科を卒業した長崎です。

振り返ると時間に追われるあっという間の1年間でしたが、卒業してみてあらためて自分の好きなこと、向かっていきたい方向などをもう1度思い直し、少しずつですが、日々自分の興味のあること、したいことなどを始めています。

さて、在学中は時間に制約があるため、自粛しなければならなかったことがあります。
それは、旅行です。

blog_tokyo2017040607

インテリアと子育て

【 入学の動機 】
1年半前にアカデミーを卒業いたしました市橋です。
娘の幼稚園入学と同時に、町田インテリアアカデミー1年生として勉強をスタートさせました。

インテリアの学校を検討した1番の理由は、娘が楽しく勉強できるような部屋作りのためでした。アカデミーの体験授業や説明会で、授業内容、そして先生方がイキイキしていたことも、入学の決め手となりました。

【 学校生活 】
私は週1回2年のコースを選択いたしました。最初は何もかも、胸弾ませることばかりでした。自宅で課題作成の際、娘用に簡単な課題を与えて、一緒に楽しんで作業をすることもありました。

1年目の秋には、英国研修に参加しました。インテリアの国際見本市の1つであるDecorexや100%Designの視察、活躍中のデザイナーの講義を受講するキャリアトレーニング、リノベーションしたホテル、イギリス人の方のご自宅訪問見学など、英国のインテリアの質の高さ、古きものと新しいもの融合、カラースキームなどを見ることができ、素晴らしい経験となりました。

osaka1

新たな仕事に心弾ませて

こんにちは。
町田アカデミーを卒業した後の進路は、皆様どのようにお考えでしょうか。卒業生の方は、どのような仕事に就かれていますか? 

私は今年3月に卒業し、縁あって首都圏のリフォーム会社での内定を先日頂きました。こちらの写真は、今後お世話になる会社の施工事例の一例です。よく雑誌やテレビなどで紹介されています。

160819.05

海外通信<スイス編>新装工事 天ぷらレストランN

今回は私事ですが、請け負っていた天ぷら専門店の工事が無事終了しましたので紹介させて頂きます。

こちらの物件は、1909年頃建造の建物の入り口階にあり、既に隣で営業をしているレストランの倉庫でした。改装の総面積は奥の洗い場を入れて約36m平米です。

天ぷらレストランN改装工事

これは天井と壁の解体後、トイレ部分の壁が作り始められている頃。

天ぷらレストランN 改装工事

床がたわんでいてタイルを貼る事が困難だったため、モルタルを流し込みました。

海外通信<スイス編>Hotel Lavaux / ホテル ラヴォー

投稿者:卒業生

校舎:東京校

海外通信では、海外で暮らす町田ひろ子アカデミーの卒業生が、現地で感じる日々のことをレポートします。
レマン湖畔のローザンヌから、モントルーやヴヴェイに広がるラヴォー地区は、葡萄畑がユネスコの世界遺産に登録されています。

ローザンヌから電車で10分程の距離にある、エペス駅の近くに位置するこのホテル、ラヴォーは、レマン湖畔に建つモーテルとして1965年にAlberto Sartorisの設計によって建てられました。
そのホテルが、2012年に改装され四つ星ホテルとして再オープンしました。