全日IC2018年期生クラス紹介とGWでみつけた古都金澤の室内装飾

皆さま、はじめまして。
2018年度、全日ICクラスに入学しました旗です。
恐れ多くもクラス委員長に任命されまして、初回ブログを努めさせていただきます。

まずは、クラス紹介から!
今年は、9名のクラスメートでスタートしました。
年齢層は、10〜40代。女性7名、男性2名の女性が多い比率になっています。
初日から、ニックネームで呼び合うアットホームな雰囲気です。
インテリアに興味がある同士なので、年齢や性別の壁は関係ないように感じました。

町田ひろ子アカデミー 全日制 ブログ

入学してすぐに、コーディネーション担当の深澤先生が授業の合間に話してくださったインテリアショップにさっそくクラスメートと見学に伺ったり、最近では授業の一環として、ファブリックの大手専門商社であるサンゲツSRへ見学へ伺い、ADより、壁紙、カーテン、床材の紹介を受け、とても勉強になりました。

そして、学校に慣れた頃に嬉しいGWとセットで課題が出されます!笑

それぞれのペースで、無理なく楽しんで課題を計画的に進めていくことが1年を乗り越えるコツになりそうですね!

私は3つの課題のうち1つを放置して、実家(金沢)に帰省しました。歴史都市である金沢は、戦火を逃れたことで歴史建造物が現存する貴重な都市の1つに数えられているそうです。
観光地としては、東茶屋街、21世紀美術館、金沢城、兼六園がよく知られていますが、日本三名園の1つとされ、国の特別名勝に指定されている兼六園に隣接する『成巽閣(せいそんかく)』の美しい室内装飾を紹介をします。
成巽閣は、文久3年(1863年)に建造した加賀百万石 前田家 奥方の御殿で、階下が「書院造り」、階上が「数奇屋風書院造り」となり、国の重要文化財に指定されています。
今回は代表的な2部屋の室内装飾をご案内します。
まずはじめに、1F奥方のプライベートルームであった「松の間」を紹介します。

町田ひろ子アカデミーブログ 成巽閣「松の間」

町田ひろ子アカデミーブログ 成巽閣「松の間」

障子側には、視界を遮る柱のない縁から眺めことができる「つくしの緑庭園」があります。

障子の腰板には、外からの光を受けて美しく発色されるオランダ渡りのギアマン(小鳥の絵が描かれている)がはめ込まれているのが特徴です。

階下の材には紅い漆を用い、壁は土を使わず紙貼りとしています。その上に金や雲母用い雲や有職の模様が施されています。

次に、ご紹介したいのが、明治以降は、歴代天皇、皇族の御宿泊、ご休憩所として用いられた、日本・中国・西洋の融合を感じさせる「群青の間〜書見の間」です。

町田ひろ子アカデミーブログ 「群青の間〜書見の間」

見上げた天井の、目の覚めるような鮮やかなウルトラマリンブルーとベンガラの朱色の補色関係の色彩配色が艶やかです。(江戸末期にこんな大胆な色彩装飾をコーディネーションするとは驚きです!)

階下とは異なる杉の白木が使用され、壁は土壁です。

左側の「群青の間」は高価な顔料である、フランスから輸入されたウルトラマリンブルーの群青色とベンガラの朱色、右側の「書見の間」は、淡い白群青色・紫色・鉄砂の黒色で構成されています。

海外の最新インテリアコーディネートを見るのはもちろん勉強になりますが、
歴史ある日本建物の構造や装飾を「LOOK!LOOK!」するのもとても参考になりました。

インテリアコーディネーターコース全日制 旗

インテリアコーディネーター専門科・怒涛と充実の7ヶ月!

こんにちは。

昨年9月に、インテリアコーディネーター専門科基礎課程9月生に入学し、怒涛とも思える7ヶ月間を過ごした後、今年4月から研究課程に進級した佐々木です。

※インテリアコーディネーター専門科基礎課程9月生とは、4月スタート生が12か月で行うカリキュラムを、7ヶ月にぎゅーっと凝縮して修得する短期集中コースです!!

●専門課程を振り返って

仕事をしながら通学した私にとって、“怒涛”&“充実”したアカデミーでの勉強。

最初は、スケジュール管理と作業配分がわからず、先の見えない不安に襲われました。

そんな時、先生(アカデミーの先生は全員卒業生です!)から、「私も自分が生徒の時は同じでしたよ。講師になってからも生徒さんの中に余裕のある方に出逢ったことがありません。笑 だからいい、と言うことにはなりませんが、“納得できて間に合えばよし!”という気持ちで気を楽にして頑張ってくださいね!」と救いのひと言が、、、

肩の力が抜け、やれることをやろう!と吹っ切れ、課題を乗り切ることができました。

その後、自分の気持ちがのる時とのらない時を分析してみました。課題を前倒しで熟していくことで、気持ちに余裕が持てることを発見しました。こうです。

*******************************
早めに準備する

広い視野でプランを俯瞰

新たなアイディアも生まれる
*******************************

プラスのスパイラルにも気付き、決して作業的には余裕はありませんでしたが、その後の課題は心算を持って取り組むことができました。

経験豊かで的確な温かい指導をくださる先生方。年齢もこれまでの経歴も全く違うけれど、それぞれの素敵な感性を吸収し合えたクラスメイト。誠実でお茶目で愛情いっぱいのスタッフの方々。

素敵な出会いも1年生で得た宝物です。

●いよいよ研究課程に向けて

1年生では自分のセンスや感性を封印し、「基本のインテリアとインテリアを客観的に捉える視点の修得」を目標に課題に臨みましたが、クラスメイトからは「綾さんらしさがしっかり滲み出ていた!」と肩すかしのコメントをもらい、、、

どんなに抑えても自分の内なる何かがプランニングには出てくるのだということも体感できました。

基礎課程で学んだ基本や客観性を軸に、研究課程では”年齢”も武器に、これまで培ってきた経験や知識を活かしてアレンジ力を身につけたいです。

●地球の裏側で出会った日本の伝統手法

アカデミーに入学する前、私は地球の裏側・ブラジルに住んでいました。

その時に出会ったチリ人アーティスト&インテリアデザイナー、エンリケ・ロドリゲス氏の作品をご紹介します。

IMG_3529-1

彼は日本の切り絵にラテンの色彩を取り入れたインテリアデザインを制作しています。

サンパウロ在住中、彼のアトリエで作品制作に携わり、たくさんの人々と出会い、日本の伝統技術に対する外国人の敬意と視点に触れ、新たな魅力と可能性を見出しました。

galeria-ativ-6

 これを読んでくださった方にも興味を持って頂けたら嬉しいです。

▼instagram

https://www.instagram.com/universidadedopapel/

インテリアコーディネーター専門科研究課程 佐々木綾

卒業生のことば 2017年度

本日はこのような素晴らしい卒業式を開いていただき、誠に感謝いたします。

2014年の春に入学してから2年間の休学を挟んで丸4年、この4年間は自分の人生の中でも、とても濃い時間となりました。私は現在、長野県上田市に住み、そこから毎週アカデミーまで通学していました。朝は5時起きで、6時には家を出てバスに乗り、都内に入ったら電車に乗り換えて10時の始業に間に合うように来ます。帰宅するのはいつも11時ごろで丸一日を過ごしてもうクタクタという感じでした。そんな生活を続けてきましたが、それでもここに通い続けられたのは、先生方や事務局スタッフの皆さん、そしてクラスのみんなに支えて頂いたおかげです。

最初は本当に分からないこと、知らない言葉だらけでしたが、一人一人に優しく丁寧に教えてくださった先生方。忙しい中、時間を割いて課題のことや就職の相談を聞いてくださった事務局の皆さん。それぞれにいろんなものを抱えながら、時に励ましあい、冗談を言って笑い合ってくれたクラスメートの皆さん。女性ばかりの環境に飛び込むのは正直不安でしたが、本当に皆さん優しく接してくださり救われました。ありがとうございました。

町田ひろ子アカデミー 東京校 卒業式2017年度

町田ひろ子アカデミー 東京校 卒業式2017年度

そしてさらには、皆さんのおかげもあり、公開プレゼンテーションのクラス代表チームにも選出していただけました。代表に選ばれて嬉しい反面、資料の手直しやパワーポイントの作成、原稿の暗記と本番までにやることは山積みで、間に合うかとても不安でした。それでも限られた打ち合わせ回数の中、時間を作って見に来てくださった林先生や、資料作りやパース作成を手伝ってくれたクラスメートのおかげで何とか間に合い、本番ではミス無く、最高のプレゼンテーションができました。準備は大変だったし、本番はとても緊張したけど、こんな貴重な経験は人生で一回あるかないかだと思います。この経験は私の今後の人生にきっと生かされることでしょう。

今日この日を境に私たちは別々の道に進みます。そしてその先にはまた新たな困難や苦労が待っているかもしれません。それでも、振り返ってみたときに、このアカデミーで学んだ経験や過ごした日々がきっと自分を支えてくれると思います。誇りを持ち、胸を張って歩いていきましょう。

町田ひろ子アカデミー 東京校 卒業式2017年度

最後に今一度、町田校長をはじめ、私に関わってくださったすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました。そして卒業生を代表して、この場にいるすべての方々に改めてお礼を申し上げます。本当に今までありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

卒業生代表 インテリアコーディネーター専門科2年Bクラス 正木健介 

これから入学される方や、迷っている方へ

こんにちは。

昨年の4月から今年の3月まで、全日制コースに通っていました。

全日制ではわたしが最後のブログ担当なので、これから入学される方や、迷っている方に少しでも役に立ちそうなことを書かせていただきたく思います。

~勉強について~

課題がたくさんあったなぁという印象ですが、振り返るともっと余裕をもって課題に取り組めば楽だったなと思います。(毎回課題の後に思っていました。)どうしてもやる気が出なく後回しにしてしまうときがあると思うのですが、そのときは疲れていてもできること(わたしの場合はアイディアを出すほうじゃなくて、見積もりなどの作業)をやっておくと、後々やっておいてよかったなと思ったので、参考にしてみてください。

町田ひろ子アカデミー ブログ パース

これは時間に余裕があるときに書いたパースで、時間を気にせず書けたのですごく楽しかったです。全部の課題を余裕をもってゆっくりできたら、、、と思っています。

わたしはどの課題でも自分の好きなテイストを選んで楽しくやっていたのですが、今振り返ると失敗してもいいからもっといろいろなテイストに挑戦してみればよかったなとも感じています。特に基礎期間は部屋ごとにいろいろなテイストにできるチャンスだと思うので、ぜひ挑戦してみてください。雑誌やピンタレストでおもしろいテイストを見て参考にするのもすごくいいと思います。あと、わたしは壁紙がすごく大切だなと感じることが多かったので、もしよかったらテシードという壁紙ブランドのショールームにぜひ早めに足を運んでみてください。課題のヒントが生まれるのと、作品が華やかになります!

IC資格については過去問を早めに解いておくといいと思います。最初は何のことかよくわからないと思いますが、理解しなくても答えを覚えるつもりで問題のパターンを覚えるのがすごく大切だと思います。

先生方にはインテリアショップやホテルを見るようにと入学してアドバイスをたくさんいただくと思うのですが、もし住宅に興味がある方がいたら、わたしは住宅展示場もすごく勉強になりました。平日だとあまり迷惑にもならないと思うので、行ってみてください。

~生活について~

課題も終わり、最近はクラスメイトと学校の近くでランチをしたり、散歩をしたりしています。そうすると、こんなところにこんなおいしそうなお店があったんだ!とか、表参道にはインテリアショップがこんなにあったんだなとか今頃すごく感じています。課題で手いっぱいでそんな余裕はないかもしれないですが、表参道をぜひ満喫してください。

日々のランチは、エイベックスの裏に日替わりでたくさんランチワゴンが来ていて、学校の裏通りにもテイクアウトのお店がたくさんあるので、それが毎日の楽しみでした。最近のおすすめは、学校の裏通りの漢方のスープ屋さんで、少し全日制のブーム?になっていた気がします。
ぜひ食べてみてください^^

~最後に~

わたしは去年の3月末ぎりぎりまでその年に入学するか、一年後に入学するかどうか迷っていたのですが、今は入学しておいて本当に良かったと思っています。課題も大変でしたが、大丈夫だと思います。わたしの場合はやりたい気持ちがあってやれる環境があるならそれがタイミングだと思って入学しました。それぞれのタイミングがあると思うのですが、何かの参考になれば嬉しいです。ではでは4月から楽しんでください!

全日制 鈴木啓子

パナソニックリビングのショールームへ行ってきました

こんにちは。
春が待ち遠しいアカデミースタッフです。
今年の冬は例年になく寒いのですが、アカデミーの生徒さん達は、修了や卒業を前に課題への取り組み中、その姿は本当に真剣で熱く、眩しいです。 

さて、寒さ真最中の2月25日(日)の午後、「インテリアリフォーム インターンシップ入門講座」の皆さんが、パナソニックリビングのショールーム(汐留)へ授業として見学に行ってきました。

tokyo_blog030101

(パナソニックリビングショールーム東京の画像より許可を得て拝借)http://sumai.panasonic.jp/sr/tokyo/

この「インテリアリフォーム インターンシップ入門講座」は、すでに修了した「インテリアリフォーム科」1・2期生対象のステップアップ講座として、初めてスタートした短期間の講座です。(1月~3月 全5回 日曜日あるいは土曜日)

これまで一連のマンションリフォームの学習、Neo3を使いこなしての3Dによる空間提案とプレゼンテーションなどを1年間のハードスケジュールでマスターしましたが、更に実際の仕事の現場に対応したリフォームプランの作成とプレゼンテーションを学びます。青山スタイルの現調方法を実際に自宅をモデルに実施、プランを3D化。さらに自分が提案した設備を実際にショールームに行って、確認。何をどのように確認したらよいのか…など。日々、リフォームを専門に業務している講師は、実務で体験しているさまざまな経験を交えて、解説・アドバイスする講座です。 

この日参加した生徒さん達は、アカデミーに通っていた頃とは又違って、リフォームの専門家の雰囲気がアップしたように感じられました。
今回のショールーム見学は、プロ目線の体験です。
一階では、「リフォーム最新設備展示」・「空間体験」・「くらしソリューション」を、スタッフの方から、丁寧なご案内を頂きました。

tokyo_blog030102

(マイクを使ってのスタッフのお話も聞きやすく、生徒の皆さんも熱が入ります。)

tokyo_blog030103

(住宅は、豊かな暮らしを実現する環境が大切)

地下二階では、キッチンを中心にさまざまなプランとその特徴を解説いただき、持参した各自のキッチンの提案プランをチェック。トータル二時間半を少々超えての充実した授業となりました。(機能・カラー・サイズ・素材・使い勝手・etc.)

tokyo_blog030104

tokyo_blog030105

(パナソニックリビングショールーム東京の画像より許可を得て拝借)

パナソニックさんもリフォームに力に入れています。今後は何度もお伺いすることになるでしょう。レベルが上がると知りたいこと・聞きたいことも変わりますね。
「インテリアリフォーム インターンシップ入門講座」の3月25日の最終プレゼンは町田校長も参加されます。楽しみです。

以上